ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“これ”を待ってた!iPad Pro 2018モデル専用6in1ハブ『HYPER DRIVE』

hyper drive
一般的なノートPCよりも高性能として注目を集めたiPad Proですが、同時にホームボタンがなくなったことでも話題となりましたね。
ホームボタンがなくなったことで指紋認証も廃止、生体認証はカメラによる顔認証になっているので「タブレットで顔認証は不便」と感じている人も多いようです。
丸みのあったエッジが角ばったりとデザインにも若干の変更が加えられていますが、トータルでは従来のiPad Proよりも高評価を獲得しているようです。
iPad Pro2019
しかし、どんなに性能が上がれども、タブレットである以上ポートが一つしかないという使いにくさは残ります。
そこで今回は、iPad Pro2018モデル専用に設計された6in1USB-Cハブ『HYPER DRIVE』をご紹介します。
これさえあれば、iPadのデザインの美しさを損うことなく、プロモデルらしい使い方が可能になるでしょう。
hyper drive

世界初のiPad Pro2018専用ハブ

HYPER DRIVE』は2018年5月に世界初のiPad Pro2018モデル専用アイテムとしてリリースされ、米KickstraterとIndiegogoで約2億5千万円以上を調達した話題のUSB-Cハブです。
4K HDMI・USB-C・micro USB・SD・USB-A・3.5mmオーディオジャックの6in1となっており、iPad Pro2018モデルの可能性を最大化することができます。
ボディはiPad Proとほぼ同程度の厚みしかなく、Apple Smart Folioをつけたままでも装着が可能となっています。
HYPER DRIVE』を選ぶことで外出先でのワークもスマートにこなせるので、ミニマルスタイルを好む人にも最適のツールといえるでしょう。
hyper drive

HYPER DRIVE』の特長

HYPER DRIVE』ことが少しわかったところで、他のハブより優れている点をいくつかご紹介します。

約1cmという薄さを実現

約1cmの薄さ
HYPERの技術を駆使して設計された『HYPER DRIVE』は、まるで純正のような一体感出すためディテールにもとことんこだわっています。
エッジの角度やコーナーの丸みなど、専用と呼ぶに相応しい仕上がりといえるでしょう。

独自開発のジョイント

独自開発のジョイント
専用とうたう最大の理由はこの独自開発のジョイントであり、USB-Cポート一つでは不安だった固定感を格段に向上しています。
iPad Pro2018モデルに合わせた独自形状で、11インチ・12.9インチどちらにも装着可能です。

HYPER DRIVE』スペック

ボディサイズは93×30.5×9mmとなっており、重量はわずか34gしかありません。
もちろんケース素材には高品質アルミニウムを使用、カラーはシルバースペースグレーの2色から選ぶことができます。
また、製品仕様の詳細は以下の通りとなっています。
hyper drive

出力

HDMI([email protected], [email protected], [email protected]対応)
SDカードスロット (UHS-I 104MB/s)
micro SDカードスロット (UHS-I 104MB/s)
USB-A(3.1 Gen 1 ポート,5GB/s)
USB-C(USB 3.1 Gen 1, 5GB/s, 60W power delivery パススルー対応)
3.5mmオーディオジャック (USB 2.0オーディオ、48KHz、16-ビットオーディオ入力/出力、TRRS)

入力

USB-C (USB 3.1 Gen 2, 10Gb/s)

iPad Pro2018モデルを使い倒そう!

世の中にUSB-Cハブは数あれど、ここまでiPad Pro2018モデルと一体感のあるアイテムは他にないでしょう。
プロユースに相応しい仕上がりの素晴らしいツールですので、iPad Proを美しいままにフルで使いたいなら選択肢は『HYPER DRIVE』一択といっても過言ではないかもしれません。
販売予定価格は¥8,424(税込)となっていますが、今だけMakuake限定価格の¥6,623から購入することができます。
ただし、割引プランにはそれぞれ数に限りがありますので、気になった方は早めの申込をおすすめします。

参照元:makuake.com
合わせて読みたい:

Macユーザー震撼?!Macbook Proを最強にするオールインワンハブ『SATECHI』

CASAFE 7in1USB-Cハブ

関連商品|CASAFE 7in1USB-Cハブ ¥4,580
Amazonで見る

※掲載価格は2019年2月21日時点のものです。

関連記事リンク(外部サイト)

作業効率が格段アップ!超軽量のポータブルタッチパネルモニター『Vinpok Split』
ジム通いOK!アクティブな人のための3wayバックパック『Quiver X』
【フォトレポート】森ノ宮に出来た話題のコワーキングスペースに潜入!

デジタル・IT
HACKTSUの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy