ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自衛隊で学んだサバイバルスキルで旅行好きに知って欲しいことを教えて! | プロフェッショナルに聞いてみよう

自衛隊で学んだサバイバルスキルで旅行好きに知って欲しいことを教えて! | プロフェッショナルに聞いてみよう

旅人だったら誰でも知りたいあんな疑問やこんな疑問を、プロフェッショナルたちに直撃してみた「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」。今回は元自衛隊員に旅で使えるサバイバル術を関する疑問を聞いてきました!

 

今回のプロフェッショナル:元自衛隊員・髙橋諒馬さん

自衛隊で学んだサバイバルスキルで旅行好きに知って欲しいことを教えて! | プロフェッショナルに聞いてみよう

髙橋諒馬

1992年、大阪生まれ。防衛大学校卒業後、陸上自衛隊の幹部として勤務する。退職後はバックパッカーとピースボートで世界を2周し、今までに34ヶ国を訪問。現在はトラベルライター・フォトグラファーとして活動中。

 

質問:自衛隊で学んだサバイバルスキルで、旅行好きに知って欲しいことを教えて!

自衛隊ではどんなことが起こっても大丈夫なように訓練をするそうだけど、旅行に活かせるスキルってあるの?旅行好きに知ってほしいスキルがあれば教えてください!

そこで、元自衛隊員に自衛隊で学んだスキルについて聞いてきました。

 

回答:生き残るためのマインドです

陸上自衛隊のサバイバルスキルを一般の旅行者が使うことはほとんどないでしょう。それはもう冒険家の域ですね。普通の旅人にとって怖いのは自然よりも人間です。大自然の中での遭難より、犯罪やテロに巻き込まれるほうが圧倒的に多いでしょう。

みなさんにはそんな中で生き残るためのスキル、というよりマインドを知っておいてほしいと思います。

 

まず、何より優先するのは身の安全の確保です。そのためには落ち着いて対処しなければなりません。基本的には抵抗せず、相手の要求に従いましょう。相手を刺激せずに大人しく金品を渡しておけば、命まで奪われるケースは少ないです。

その場をやりすごしたら、現地の警察と在外公館に行って、その後の指示を仰ぎましょう。

 

プロフェッショナルに聞いてみよう」は順次更新中です。すべてのバックナンバーは「プロフェッショナルに聞いてみようシリーズ」で今すぐチェック!

関連記事リンク(外部サイト)

世界にはまだあった。あなたが一生踏み入れることが出来ない人類未踏の地
バニラエアが「わくわくバニラセール」を11月10日(火)19時〜開催!
2017年世界のパスポートランキング発表!1位に輝いたのは憧れが詰まったあの国だった
埼玉観光でおすすめの絶景スポット17選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき