ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

思い出野郎Aチーム、2018年リリース1st EP『楽しく暮らそう』が10インチでアナログ化

思い出野郎Aチーム、2018年リリース1st EP『楽しく暮らそう』が10インチでアナログ化

カクバリズムからリリースした2ndアルバム『夜のすべて』が音楽を愛してやまない人々から熱狂的な支持をうけた思い出野郎Aチーム。

「ダンスに間に合う」というアフターシックス・アンセムも生み出し、日本全国、大小さまざまなクラブやライヴハウス、お茶の間の夜を彩った彼らが、2018年にリリースした名盤、愛と切なさが詰まった1st EP『楽しく暮らそう』がついにアナログ化する。フォーマットは思い出野郎初の10インチ。

結成当初のメンバーでもある、トロンボーンの山入端祥太(ヤマノハ ショウタ)が再加入し、8人組となってから初めての音源は、風通しのよいイントロから、ポジティヴかつファットなビートと爽やかなコード隊、歯切れ良く迫力のあるホーンセクションに乗せてタフに歌い上げる、ニュー・ソウルや70’sシカゴ・ソウルを思い出野郎流にアップデートさせたヤング・ソウル・チューン「楽しく暮らそう」、たたみかけるような高揚感たっぷりのアップテンポな哀愁ノーザン・ソウル「去った!」から、世の中に溢れるヘイト、ダンスが制約される社会に疑問符を投げかけるロッキン・レゲエ・ディスコ「無許可のパーティー」へと続き、無国籍&サヴァーバンな新境地「サマーカセット」、ヴィンテージなリズムマシーンと生バンドが優しく絡み合うゴスペルライクなメロウ・モダン・ソウル「僕らのソウルミュージック」の全5曲。

稀代の詩人、高橋一の胸を打つ歌詞に、あらゆるダンス・ミュージックにリスペクトを掲げるメンバーが醸すグルーブが生み出す新しいソウル・ミュージックは、日々暮らしづらくなっていく生活に優しく寄り添い、ほんの少しの潤いと希望を与えてくれる一枚となった。

結成10周年イヤーの今年、躍進の続く思い出野郎Aチーム、今回の作品も完売必至なので、ぜひ予約を。 (内)

【リリース情報】
思い出野郎Aチーム / 楽しく暮らそう
品番 : KAKU-103
価格 : ¥2000+税
発売日 : 4月12日(金)
フォーマット : 10inch

SIDE A
1. 楽しく暮らそう
2. 去った!

SIDE B
1. 無許可のパーティー
2. サマーカセット
3. 僕らのソウルミュージック

【ライヴ情報】
■思い出野郎Aチーム presents
“ウルトラソウルピクニック” #4
4月27日(土)東京 渋谷クラブクアトロ
OPEN 17:00 / START 18:00  前売 3,800円 (ドリンク代別途要)
出演
思い出野郎Aチーム / グッドラックヘイワ / 民謡クルセイダーズ

■思い出野郎Aチーム presents
“ウルトラソウルピクニック” #5
5月11日(土)東京 wwwx
OPEN & DJ START 17:00 / LIVE START 18:00
前売 4,000円 (ドリンク代別途要)
出演
思い出野郎Aチーム / Negicco

■思い出野郎Aチーム presents
“ウルトラソウルピクニック” #6
6月16日(日)札幌 BESSIE HALL
OPEN & DJ START 17:30/ LIVE START 18:30 
前売 3,500円 (ドリンク代別途要)
出演
思い出野郎Aチーム / chelmico

(問)SMASH 03-3444-6751

思い出野郎Aチーム : http://oyat.jp

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy