ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きっとあなたが知らない「アルメニア」

きっとあなたが知らない「アルメニア」

アルメニアってどこ?と聞かれたときに「コーカサス地方」と答えるのですが、日本人で位置がピンと来る人は少ない印象です。ヨーロッパともアジアとも中東とも言えない、そんな場所に位置するのが今回ご紹介するアルメニアです。

アルメニアの正式名称はアルメニア共和国で、首都はエレバンといいます。北には元々グルジアと呼ばれていたジョージア、東にはアゼルバイジャン、南にはイラン、西にはトルコがあるという内陸国です。

親切な人が多く、落ち着いたヨーロッパ風な街並みを楽しむことができるアルメニア。日本人はビザ不要で気軽に旅行ができる国です。

きっとあなたが知らない「アルメニア」

都築空

旅行会社勤務。旅と写真を愛する。イギリスにワーホリ経験あり。基本的には一人旅のバジェットトラベラー。旅、旅行の形にかかわらずたくさんの人に海外に行ってほしいという思いがあります。
Twitter:@skymusic999
Instagram:@skymusic999

 

アルメニアの中で訪れた都市とルート、移動方

photo by 都築空

コーカサス地方の3カ国をアゼルバイジャン、ジョージア、アルメニアと訪れました。アゼルバイジャンとアルメニア間は対立しており、国境は遮断されています。ジョージアからアルメニアは陸路の移動が可能で、寝台列車が通っているので寝台列車を利用して移動しました。

首都エレバンを訪れ、他の都市まで観光はできませんでしたが、観光タクシーをチャーターして郊外の観光地を巡りました。ローカルバスでも郊外の観光地までアクセスは可能ですが、時間が限られている場合にはタクシーをチャーターした方が効率よく巡ることができます。

photo by 都築空

また、アゼルバイジャンの領土にはなっていますが、実質はアルメニアのような未承認国家「ナゴルノ=カラバフ」へはアルメニアから訪れることができます。

バスで6~7時間ですが、道が決して良いとは言えないので、揺れに覚悟して行くようにしてください。ナゴルノ=カラバフのビザは入国してから取得が可能です。

 

アルメニアでのエピソード(人とのエピソード)

photo by 都築空

私は広場に停まっている割高の観光タクシーをチャーターしましたが、運転手はとてもいい人でした。巡りたい場所と夕方までにはエレバン市内には戻りたいと伝えると、「急ぎ足になるけど◯分くらいで見て周れば」などと相談に乗ってくれました。

また、私が写真好きなのがわかると少し止まってくれるなど写真を撮る時間をくれました。

観光が終わり最後エレバンの市内に戻る際、車を止めてアルメニアで有名な「黒曜石」を道端で拾ってきて私にプレゼントしてくれました。英語があまり話せない人だったので、たくさん話ができたわけではありませんが、半日ちょっとお世話になり、優しい人であることが伝わってきました。

 

アルメニアでのエピソード(場所のエピソード)

photo by 都築空

アルメニアには3つの世界遺産がありますが、その中の1つが「ゲガルド修道院とアザト川上流域」です。そのゲガルド修道院はエレバンからも比較的近く、人気の観光スポットです。

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。