ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コーダライン、満員のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ感動のライヴレポートが到着

コーダライン、満員のオーディエンスを熱狂の渦に巻き込んだ感動のライヴレポートが到着

 アイルランド出身の4人組バンド、コーダラインが約5年ぶりとなる来日公演を2019年3月12日に大阪、翌13日に東京で行った。本レポートは東京公演の模様をお伝えする。

その他画像

 3月13日、渋谷のWWW Xで行なわれたコーダラインの東京公演を端的に評するとしたら、セント・パトリックス・デイを前倒ししたアイリッシュ・シンガロング・パーティー、と形容するのが手っ取り早いのかもしれない。そのただならない盛り上がりは、2015年の【サマーソニック】以来の久しぶりの来日だったことにも理由があるのだろう。見事ソールドアウトとなり、東京在住もしくは訪問中のアイルランド人を多数含んでいたとみられる、賑やかなオーディエンスで超満員の会場は、昨年発表したサード『ポリティックス・オブ・リヴィング』のオープニング曲「フォロー・ユア・ファイア」で幕を開けた途端に、大合唱に包まれた。以後ダブリンからやって来た4人組は、3枚のアルバムをバランス良く網羅する16曲・90分のセットを披露。一緒に歌わずにはいられない人懐っこいメロディと、静と動のコントラストに貫かれた、エモーショナルなアンセムの数々の魅力を存分に見せつけるショウだった。

 そんな中でも特に印象的だったのは、中盤の3曲だろうか。まず、結婚する友人へのプレゼントとして綴ったという「ザ・ワン」をヴォーカルのスティーヴが弾き語りで聴かせ、次に、亡くなったファンに捧げた「エンジェル」を配置し、喜びと悲しみを鮮烈に対比させた4人。続いては、アルバムと同様にアカペラに近いアレンジで「アイ・ウドゥント・ビー」をプレイし、美しく力強いハーモニーで、メンバーの絆や望郷の念といったテーマを描き出すのだった。

 さらに終盤はアップビートに転じて、ゲスト参加したカイゴのヒット曲「レイジング」のコーダライン版も登場。「ラヴ・ウィル・セット・ユー・フリー」で一旦セットを締め括るのだが、バンドがステージから姿を消しても合唱は止まず、4人が根負けする形でアンコールに突入。残るは、誰もが心待ちにしていた、デビュー作『イン・ア・パーフェクト・ワールド』からの大ヒット・シングル、「オール・アイ・ウォント」と「ハイ・ホープス」だ。ちなみに、終始MCは控えめだった彼ら、最後に翻訳アプリを介して日本語で挨拶するという斬新な手段を取った。「心からお礼を申し上げます」などとやたら丁寧な文言は、誠実な姿勢を音楽と向き合い、1曲1曲じっくりと最高の形で聴かせてくれた4人に妙に似合っていた。

Text by 新谷洋子
Photos by Masanori Naruse

◎公演概要
<大阪>
2019年3月12日 大阪・梅田TRAD
<東京>
2019年3月13日 東京・渋谷 WWW X

◎リリース情報
アルバム『ポリティックス・オブ・リヴィング』
2018/10/3 RELEASE
SICP-5658 2,200円(tax out.)
国内盤ボーナス・トラック収録
歌詞・対訳・解説付き

関連記事リンク(外部サイト)

ヒュー・ジャックマン、2020年上演のブロードウェイ・ミュージカル主演に
セレーナ・ゴメス、ニューALについて語る「正直な話ナーヴァスになっている」
トロイ・シヴァン、来日公演アフターパーティーとミート&グリートを実施

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy