ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

〈無差別級オーディションTOKYO BIG UP ! 2019〉ファイナリスト7組が決定

〈無差別級オーディションTOKYO BIG UP ! 2019〉ファイナリスト7組が決定

第1回は京都のバレーボウイズがグランプリを獲得し、アルバム「2兆円」が各方面で話題となっているシンガーソングライター東郷清丸が審査員特別賞を獲得、第2回は神戸発の2人組ユニット、Opus Innがグランプリを獲得したバンド・オーディション〈TOKYO BIG UP! 〉。

第3回目となる最終ライヴ審査に参加するファイナリスト7組が発表となった。

3月28日(木)下北沢BASEMNT BARで行われるライヴ審査に参加するのはSet Free、東京木曜楽団、Burgundy、IKE & rice water Groove production、Usagi Sleep、Okkaaa、TEMONDS.の7組。

当日は通常オーディションとは一味違った実際にライヴハウスで活躍するアーティストが特別審査員として参加するこのオーディション、松田“CHABE”岳二(LEARNERS,CUBISM GRAFICO)、MC.sirafu (a.k.a. mantaschool)(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり)、中尾憲太郎(ナンバーガール、Crypt City)というおなじみの面子に加えて、今回tomad(Maltine Records)が特別審査員として参加する。

ライヴ審査の司会はブライアン・バードンルイスとSuchmosやSANABAGUN等の楽曲への参加や、WONKのライヴコーラスサポートなどで知られる女性シンガーソングライターNao Kawamura、さらにゲストDJとしてこちらもお馴染みDJ HOLIDAY(a.k.a.今里 from STRUGGLE FOR PRIDE)が参加、オーディションとしてはもちろんのことイベントとしても楽しめる内容となっている。

ドリンク代1000円のみで誰でも入場&投票ができるということなので、ぜひ会場に足を運んでオーディションに参加してみて欲しい。 (内)

【オーディション情報】
TOKYO BIG UP! 2019 presented by cutting edge最終ライヴ審査
https://big-up.style/tokyobigup2019

日程 : 3月28日(木)
会場 : 下北沢BASEMENT BAR
時間 : OPEN 17:30/START18:00
料金 : チケット代無料(ご入場時1ドリンク¥1,000のみいただきます)

出演 : Set Free、東京木曜楽団、Burgundy、IKE&rice water Groove production、Usagi Sleep、Okkaaa、TEMONDS.

特別審査員 : 松田“CHABE”岳二(LEARNERS,CUBISMO GRAFICO)、MC.sirafu (a.k.a. mantaschool)(片想い、ザ・なつやすみバンド、うつくしきひかり)、中尾憲太郎(ナンバーガール、Crypt City)、tomad(Maltine Records)

ライヴ審査司会 : ブライアン・バートンルイス、Nao Kawamura

ゲストDJ : DJ HOLIDAY(a.k.a.今里 from STRUGGLE FOR PRIDE)

【TOKYO BIG UP!】
メジャーレーベルavex、音楽制作プロダクションDUM DUM LLP.、コンサートプロモーターHOT STUFF、マルチメディアレーベルlute、インディーレーベル/ディストリビューターULTRA-VYBEが合同で開催。

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy