ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニー最新作『アラジン』 ウィル・スミス歌う「フレンド・ライク・ミー」が初解禁

ディズニー最新作『アラジン』 ウィル・スミス歌う「フレンド・ライク・ミー」が初解禁

 2019年6月7日より日本公開の映画『アラジン』の最新予告映像が公開され、「ホール・ニュー・ワールド」や「フレンド・ライク・ミー」など、ディズニー屈指の名曲が初公開された。

 この度解禁されたUS版予告編には、ファンが待ち焦がれた名シーンや人気キャラクター達、そして初公開となる歌唱シーンの数々が含まれている。街中を軽快に駆け回るアラジンが出会ったのは、美しい王女ジャスミン。運命的な出会いによって二人の“願い”が動きだし、やがて邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗ったアラジンは<魔法の洞窟>からランプを探してくる仕事を引き受ける。よく知られたストーリーだが、今作ならではの映像表現が加わり、全く新しいアラジンを予感させている。

 目玉は、ウィル・スミス演じるランプの魔人ジーニーが熱唱するコミカルで愉快な「フレンド・ライク・ミー」と、アニメーション公開時に【アカデミー賞】で<最優秀歌唱曲賞>を獲得した名曲「ホール・ニュー・ワールド」のシーンだ。ジーニーの魔法で王子に変身したアラジンと、自由に憧れる美しい王女ジャスミンの恋を予感させるディズニー・ラブソングには、ロマンチックさはそのままに、新たな装いが加わっている。

 そのほか、アラジンの相棒猿のアブーや、ジャスミンの友だちであるトラのラジャー、ジャファーのしもべオウムのイアーゴなど、それぞれ活躍が楽しみな人気キャラクターも登場。ワクワクとときめきがとまらない、究極のエンターテイメント作品の公開が早くも待ち望まれる。

◎公開情報
『アラジン』
2019年6月7日(金)より、全国ロードショー
監督:ガイ・リッチー
音楽:アラン・メンケン
出演:メナ・マスード、ナオミ・スコット、ウィル・スミスほか
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

関連記事リンク(外部サイト)

ディズニー最新作『ダンボ』、世界中から集めた本物のサーカス団でスケール感を演出
トロイ・シヴァン、映画『ある少年の告白』にかける想いを語る「この映画で誰かの命が救われる」
ディズニー・コンピレーション最新作『キャント・ストップ・ラヴィング!~ディズニー・ミュージック・コレクション』特集

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy