ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バッテリー交換式の電動トラック「Lion8」、今秋発売へ

カナダ・モントリオール拠点のスクールバスメーカーLion Electricはこのほど、電動の大型トラック「Lion8」を発表した。

航続距離が400キロと長く、またバッテリーがモジュール式となっていて交換できるのが特徴だ。

・効率運用できる

Lion Electricは黄色い車体でおなじみのスクールバスを主に製造している会社。Techableでも昨年、同社が電動スクールバスの生産を本格化させていることを紹介した

そして今回はトラック。クラス8のさまざまな目的に使えるタイプだ。カスタムメイドのバッテリーモジュールにリチウムイオン電池を搭載して走る。

この電池は取り替え式になっていて、トラック内やステーションなどに予備バッテリーを準備しておくことで、充電のためにトラックが使えなくなる、ということをなくせる。つまりトラックの効率運用ができる。

・初の顧客は酒類公社

その他のスペックはというと、最大出力は470HP、最大トルクは2507ft/lbs。そして最高スピードは時速105キロとなっている。

Lion8は今秋にも発売される予定で、すでにプレオーダーの受付が始まっている。最初の顧客はケベック州酒類公社(SAQ)となることが決まっていて、ワインやビールといったアルコールの運搬に使用される。

価格は未定だが、ディーゼルトラックよりは高い設定になるのは必至。ただ、Lion Electricは「燃料費やメンテナンス費が抑制できる」とアピールしていて、長期的なメリットを武器に北米市場を開拓する方針だ。

Lion Electric

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。