ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

美味しくてリーズナブル!タメルグルメは最高!【ネパール】

美味しくてリーズナブル!タメルグルメは最高!【ネパール】
デリー在住の私がカトマンドゥ旅行をしてみました。

タメル地区。そこはカトマンドゥ内にあるプチ外国。バックパッカーと呼ばれる旅行者が集い、各国の料理がおいしく、しかも超リーズナブルに頂ける場所。今回はこのために来ました。いやぁ、タメル最高です。以下、美味しいお店リポート。

「おふくろの味」
日本食レストラン。焼き鯖定食700ネパールルピー(約750円)。ほぼ日本のそれと同じです。大根おろしにお醤油をかけていただく焼き鯖の絶妙な焼き加減。素晴らしい。

美味しくてリーズナブル!タメルグルメは最高!【ネパール】

「絆」
フードコート状の日本食ブース。ネパール在住の方のブログでも絶賛されており、お客さんには明らかに旅行者ではなく、滞在者と思われる日本人の姿がちらほら。天丼(350ネパールルピー・約377円)も、カツ丼(300ネパールルピー・約323円)もジューシーでジュワッとぱりっとで、もう神レベル。

「中華料理」
たいていどこへ入っても美味しかったです。中国人経営で、まんま現地の味。朝行くと肉まんがあって、これがウマーイ!

「パン屋」
欧米系の旅行者も多いエリア。パンのクオリティが超絶高いのです。ふわふわしっとりのドーナツ、さっくりのトーストにぷるぷる目玉焼き、優しい甘さのアップルデニッシュ、日本の味と大差ないチョコデニッシュ、どれもこれも感動レベル。しかし、何故このクオリティがインドでは出せないのか甚だ疑問です。70ネパールルピーから。(約75円)

というように、タメルグルメだけで何日でも過ごせます。全てホテルから徒歩圏内。インドのスパイシーな食事に拒否反応が出た人はネパールに逃げましょう。


関連記事リンク(外部サイト)

多国籍なフードコートがオススメ!【オーストラリア】
映画でもおなじみ NYの顔 グラセン【アメリカ】
中国B級グルメ「炸玉米棒(揚げトウモロコシ)」【中国】

ワウネタ海外生活の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。