ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

東京メトロ南北線の魅力を語る人たちを集めた“南北線会”を開催した

東京メトロ南北線の魅力を発信すべく、一人の男が立ち上がった

「ネットでCHINTAI♪」でお馴染み・株式会社CHINTAIが運営するCHINTAI情報局に、ある日一人の社員が企画書を持ってやってきた。彼のただ一つの願いは「東京メトロ南北線を広めたい」というもの。南北線ユーザーの社員を集めて飲み会をし、その内容を記事としてCHINTAI情報局にアップをしたいということだ。

彼はなぜ、東京メトロ南北線を広めたいのだろうか。そして地味な印象がある南北線だが、どうして人気がないように見えるのだろうか。今回は南北線にゆかりがある方はもちろん、これから南北線沿いに住んでみたいという方に向けて有益な情報をお送りしていく。最後までお楽しみに。(記事内では東京メトロ南北線を「南北線」表記として記載)

南北線会の登場人物2019年、2月某日。南北線・飯田橋駅の居酒屋にて南北線会のリーダー・長堀

南北線会リーダー・長堀は、南北線沿いに住むCHINTAI社員を飯田橋のとある居酒屋に集めた。なお、南北線会はこの日初めて開催されたとのこと

長堀:今日は忙しい中集まってくれて、本当にありがとう。皆さん、南北線は好きかな。

一同:好きでーす!

長堀:良かった…。今日は世間から注目を浴びていない我らが南北線が、いかに素晴らしい路線かということをみんなで話し合いたいと思っています。まあ、とりあえず、乾杯!南北線会・乾杯の音頭

乾杯~!南北線とは?

南北線について語るリーダー長堀

長堀:えー、それではですね、とにかく乾杯を早く行いたかったので、取り急ぎ会を始めてしまいましたが……、今日は思う存分南北線の良さについて語っていきたいと思います。ただその前に……。南北線って“僕ら”には常識的だが、一般的には知名度が薄いみたいなんだ。

一同:え?!

長堀:ということで、南北線とは一体どういう路線で、他の路線とはどのような違いがあるのかをまずは説明したいと思う。良いだろうか。

1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき