ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【バンゲリングベイ】KOICHI追悼マッチでパコム・アッシが桜木をKO

BungelingBay
「~縁~八芳園2019」
2019年3月7日(木)東京・八芳園本館「ジュール」
桜木(左)をKOしたパコム・アッシ(右)

▼第5試合 KOICHI追悼プロマッチ ヘビー級 3分3R
〇パコム・アッシ(39=フランス/Venum Victory World Series 95kg級準優勝、Troyes Trophyヘビー級トーナメント準優勝、Pro Fight Karate2011・2012 優勝)
TKO 1R2分38秒 ※レフェリーストップ
●桜木裕司(41=UKFキック・インターナショナル・ヘビー級王者)
 パコムはヨーロッパのキックタイトルを総なめにし、2016年に来日して以降はKOICHIの盟友であり、良き練習パートナーに。今回KOICHI追悼マッチ開催が決定すると、いち早く出場に名乗りを上げた。対する桜木は初代タイガーマスク佐山悟の最後の愛弟子。キック、MMAなど80戦以上の戦績を持ち、キックではUKFキック・インターナショナル・ ヘビー級王座獲得歴を持つ。
 1R、桜木は左ハイキック、後ろ回し蹴りとKO狙いの大技を繰り出し会場からどよめきが起こる。しっかりディフェンスするパコムは桜木をコーナーに追い込みパンチ連打。防御する桜木だが、ガードの上からでも効かされてしまい2度のダウンを喫してしまう。
 立ち上がる桜木はパコムの右ストレートを被弾しながらも豪快な左フックで反撃。さらに胴回し回転蹴りをクリーンヒットさせてパコムを驚かせる。
 大ピンチのパコムだったが、パンチ連打で巻き返すと桜木は防戦一方となり、レフェリーが即座にストップ。TKO勝ちしたパコムは勝利をKOICHIに捧げた。
 なお、BungelingBay Spirit所属で昨年4月に不慮の交通事故で他界したKOICHI(本名=渡邉浩一)の追悼セレモニーも行われた。ニコラス氏の背中を追いかけ続けていたKOICHIは”コウイチ・ペタス”というリングネームでデビュー、そのニコラス氏より”コウイチ・ペタス”のリングコールと共に追悼の10カウントゴングが鳴らされると、会場に集まった多くのファンがKOICHIの死を悲しんだ。

 上場企業の社長を含むビジネスマンによるキックボクシングマッチで試合が行われ、日頃ビジネスの世界でしのぎを削っている方々が敢えて縁のリングへと上がる漢の生き様が伝えられた。今大会は”闘いの場は オフィスから リングへ”をテーマに熱戦が繰り広げられた。
バチバチの打ち合いを繰り広げた菊池(右)と青木(左)

▼第6試合 60kg契約 2分2R
〇菊池誠晃(40=株式会社REALWORLD代表取締役社長)
TKO 1R1分44秒 ※レフェリーストップ
●青木泉織(36=株式会社LEXCEL代表取締役)
 株式会社リアルワールドを上場企業へと成長させた代表の菊池が、格闘技を通して、更なる菊池の成長を期待させる一戦は、コウイチとの約束を果たすべく名乗りを上げた、漢気溢れる立ち振る舞いで入場した株式会社レクセルの青木泉織。

 お互いに代表取締役として活躍する傍ら、日々の練習を積み重ねてこの決戦の日を迎えており、社員を含む応援団の大声援が送られる中、ゴングが打ち鳴らされた。
お互いに合意の元、ヘッドギアなしで行われた漢気溢れる一戦は両者譲らずの熱戦となり、最後はキャリアで上回る菊池の勝利で幕を閉じた。

中村(右)が林(左)との接戦を制した

▼第4試合 68kg契約 2分2R
〇中村雅人(32=世界一周学校校長)
判定2-0 ※20-19、20-20、20-19
●林舟之輔(32=インバウンドテクノロジー株式会社代表取締役)
 キャンピングカーによる移動式学校「世界一周学校」の校長を務める中村と、外国人専門人材派遣会社インバウンドテクノロジーの代表である林の一戦。
ビジネスのリングでは世界に意識を向けている両者、今回は仲間の想いを胸に縁のリングへと立つこととなった。

 両者ともに気持ちの伝わる好ファイトとなり、最後まで諦めない、譲らない一戦は、意地と意地のぶつかり合いとなり中村に軍配が上がった。きっとこのリングで得た経験は、お互いの世界基準を持ったビジネスのリングへと活かされるに違いない。
大接戦となった藤枝(右)と奥本(左)の一戦

▼第3試合 70kg契約 2分2R
△奥本敬介(41=ヒューマンシーン株式会社代表取締役)
ドロー 判定1-0 ※20-19、20-20、20-20
△藤枝祐太(43=株式会社FM代表取締役)
 営業部門の人材派遣事業などを行うヒューマンシーンの代表を務める奥本と、高級焼肉「芝浦」のオーナー、肉師・藤枝の一戦。
 両者ともに気持ちが伝わる熱戦となり、大歓声に包まれながら終了のゴングが鳴らされた。リング上では「減量があって焼肉は食べないと言ったが本当は焼肉大好きです」という奥本に対して「美味しいお肉を焼きますよ、闘ってくださりありがとうございました」と藤枝も返した。健闘を讃えあい敬意を払う、お互いの人格を感じさせてくれる幕切れとなった。
フルラウンドで打ち合った熊崎(左)とヒル(右)

▼第2試合 78kg契約
〇熊崎孝彦(29=有限会社ジェラード次期店長候補)
判定3-0 ※三者とも20-18
●ヒル・拳(27=株式会社鶴亀代表取締役)
 2016年大会のメインイベントに登場したテレビショッピングのショップジャパン代表取締役社長ハリー・A・ヒルを父に持ち、自身でも飲食業を開業したばかりの若き社長・拳と、有名アメカジブランドで店長候補として日々頑張っている熊崎の一戦。なお、ジェラードの代表である後藤洋平はプロキックボクサーとしてランキング入りを果たし、2016年大会に出場して勝利を飾り引退している。

 そんな二人が送り出した熊崎とヒル・拳の一戦は、お互いの今後が楽しみになるような気持ちのぶつかり合いで、熊崎に軍配が上がった。最後まで諦めずリングに立ち続けた両者には惜しみない拍手が送られた。
秒殺KO勝利した岩佐(右)

▼第1試合 63kg契約
〇岩佐大輝(41=株式会社GRA代表取締役CEO)
KO 1R25秒 ※右ストレート
●外山裕輔(50=株式会社上田トラディション証券 勤務)
 2011年の東日本大震災後、地元・宮城県の復興活動にも専念し一粒1000円のブランドイチゴ「ミガキイチゴ」を生産する農業法人GRA の代表・岩佐と、派手なプライベートもありビジネスでは大手外資証券会社に勤務するというギャップを持つ個性的な外山の一戦。

 チアチームとの派手な入場で登場した外山、さらには試合開始から前に出てリード、しかし劣勢に立たされた岩佐の起死回生のKO劇となった。

 プロ顔負けの入場から試合までを再現した外山に対して、あの状況から展開をひっくり返す岩佐の精神力、第1試合としてこれほどまでにない試合内容となった。

関連記事リンク(外部サイト)

【バンゲリングベイ】一流経営者たちがガチバトルで生き様披露
【ボクシング】待望のドリームマッチに向け田口良一が公開練習「過去最高のモチベーション」
【修斗】中村優作が世界王者対決

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき