ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

難民の人々を巡る混乱とプロパガンダ戦、2019年イタリア、そして欧州はどこへ向かうのか(Passione)

難民の人々を巡る混乱とプロパガンダ戦、2019年イタリア、そして欧州はどこへ向かうのか

今回は『Passione』より平島幹さんの記事からご寄稿いただきました。

難民の人々を巡る混乱とプロパガンダ戦、2019年イタリア、そして欧州はどこへ向かうのか(Passione)

イタリア国旗

緊張に満ちたイタリアの政治状況も、時間が経つにしたがって「少しは沈静化するかもしれない、いや、そうあってほしい」と淡い希望を抱いていましたが、今年5月の欧州選挙が近づくにつれ、過度にショー・アップされた『同盟』、やや控えめな『5つ星運動』によるプロパガンダの応酬で、政治はむしろ過激な混乱に傾いています。さらに、政府が醸すファッショな空気に断固対抗するアンチファシズムのムーブメントもいよいよ活発化、野党議員をはじめ、さまざまな市民運動、アソシエーション、NGOネットワークの結束が広がり、社会は大きく分断されている。『ファシスト』という、イタリアにおいては、本来デリケートなはずの言葉がメディアの見出しに踊り、たとえば、マテオ・サルヴィーニ副首相を批判する新聞記事やSNSのコメント欄は攻撃と侮辱に溢れかえっている。これはちょっと前のヒューマンなイタリアでは考えられなかった状況です。

年頭に考えたことあれこれとウォーラーステイン

お正月気分からようやく脱したと思ったら、新年早々高熱を発して1週間以上寝込む、という、個人的にはなかなか趣のある、2019年の幕開けを迎えました。

その間、普段は読まないネット記事やコメントのあれこれを携帯で読むうちに、率直に言って、現在のイタリアのネットの傾向と日本のネットの傾向は非常によく似ている、という印象を抱いた。右vs.左、保守vs.リベラル、ファッショvs.アンチファッショ、意地悪主義vs.善良主義、と呼び方はどうでもよいのですが、イタリアにも、いつの間にかネット右翼のような人々が出現し、敵対する価値観とみなす意見には、どこからともなくわらわらと人が集まって、論理を逸脱して脈絡なく攻撃する、弱者とみなすと侮辱する、常識的には正論と思われる知的な意見を嘲笑する、エリートと言われる人々を罵倒する、という現象が起こるようになっています。その傾向があまりに似ているため、どこかにマニュアルがあるのではないか、と疑うくらいです。

また、たとえばマテオ・サルヴィーニ内務相など施政者自らフェイクニュースを大々的に流し、事あるごとに衝撃的で非常識な発言と行動を繰り返す、いわばピカレスク・エンターテインメント型の『ショック政治』とも呼べる昨今のイタリアの傾向は、米国モデルにも似ているかもしれません。そういえば、先ごろFBIに逮捕された伝説の共和党ロビイスト、大統領選の選対責任者だったロジャー・ストーンを追ったNetflixドキュメンタリーで、「教養のない有権者に、エンターテインメントと政治の違いがわかると? 政治はショー・ビジネスだ」、とストーンが自信満々に語っているシーンがあり、「米国市民も随分見くびられたものだな」と思いましたが、イタリアで現在巻き起こっている、ひたすら「アンチ・エリート」なマテオ・サルヴィーニ人気も、結局似たようなアイデアで形成されたものです。

この米国的「ショー・ビジネス」ストラテジーが、とりあえずはイタリアでも功を奏し、多くの支持者を集めているところを見ると、もはや現代の民主主義という政体は商業同様、マーケティングによって成立している、と考えざるをえないかもしれません。米国にしても、イタリアにしても、人々の不満の受け皿として、移民、難民の人々を巡って「あることないこと」を吹聴、『憎悪』を煽る人種差別政策が突如として出現したのは、寄る辺なく、選挙権もない、マージナルな人々なら攻撃しても、体制には何の影響もないからに他ならない。しかしそれは、本来「平等」だと世界人権宣言に謳われているはずの人間にランク付けする、尊厳を無視した、非人道的でグロテスクな政策であるには違いありません。

いずれにしても、フランスの『黄色いジャケット』運動、英国のブレグジットを巡る一連の騒動、米中貿易戦争、中東、アフリカの騒乱、ベネズェイラの市民蜂起、混乱、と世界が怒涛のように揺れ動く今の世界状況を、いったいどう整理し理解したらいいのか、何が世界を揺り動かしているのか、やはりその背後に隠されるのは、『新冷戦』と語られる、ロシア、中国、米国、欧州の派遣争いと謀略なのか、それとも特定の「経済」権力者の意向を慮って、なのか、日々あれこれと考えます。そういえば、世界を揺るがすさまざまな動乱のわりに、『市場』の世界は、多少の乱高下はあっても意外と静かで、各国が国境を閉ざしつつあるなか、市場には相変わらず国境は存在しないまま、猛スピードで数字が循環している。

世界各国に、もはや「流行」している、と言ってもいいほどの、クセノフォビア、セクシズムを憚ることなく前面に押し出す、ナショナリズム+ファシズムの台頭は、資本主義を基盤とする近代世界システムの行き詰まり、多国籍企業と巨大投資家、金融機関が国境をまたぎ、天文学的数字の利益を吸い上げていくネット時代の先鋭化したグローバリズムの綻びから生まれた、「著しい格差に苦しむ市民の不満と不安が一気に炸裂した結果」。

一般にそう結論づけられるロジックは、確かに納得できる一面もありますが、「世界各国でシンクロを起こすように、たったの数年で非人道的、非道徳的な人種差別傾向がこんなに広がるなんて、人間の精神性ってそんなに単純でスピーディに変化するものだろうか?」ともやもやした気分になります。むしろ、グローバル市場の円滑な循環、あるいは特定の資本を保護、優遇するために、作為的に創出された傾向ではないのか、と勘ぐりたくもなる。それとも市場の世界でも、これから大きな波乱が待ち受けているのでしょうか。といっても、その波乱から、巨額な利益を上げる多国籍企業群が、常に存在することも見逃してはいけません。

イタリアに関して言えば、少なくともつい1年ほど前までは、マフィア関係の事件が勃発して、いくらか暴力的な空気が流れることはあっても、あくまでも新聞やテレビのニュースで語られる遠い世界の話であり、市民の日常の次元では、イタリアに潜む暴力性を実感として感じることはなかったように思います。したがって政権が交代された途端、『同盟』マテオ・サルヴィーニ副首相が、命がけで地中海を渡ってきた、まったく罪のない難民の人々のイタリア上陸を完全に拒絶するという『人命』に関わる決断を下し、イタリア国民の3分の1強が、その決断に快哉を叫んだことには仰天しました。さらに移民・難民、外国人の生存権剥奪の可能性を含む『国家安全保障案』が議会で可決*1 した際は、何が起こっているのか、変化に対応できないほどの衝撃でもありました。

1 2 3 4 5 6 7次のページ
政治・経済・社会
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき