ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

春のトルコ!チューリップ満開のイスタンブールで訪れたいスポット4選

エミルギャン公園1
オランダのイメージが強いかもしれませんが、意外にもチューリップの原産国はトルコ。日本では桜が満開になって春の訪れを愛でるように、トルコでも春になると国花チューリップが街のいたるところに咲き乱れ、街中が嬉々とした雰囲気に包まれます。そんな春のイスタンブールで訪れたいスポットを厳選して4つご紹介します。

スルタンアフメット広場

真っ先に訪れたいのが、イスタンブールの歴史を象徴するアヤソフィア博物館や、6本のミナーレが美しいブルー・モスク(スルタンアフメット・ジャーミィ)、トプカプ宮殿などの観光スポットが密集しているスルタンアフメット地区にある広場。

スルタンアフメット広場
アヤソフィア博物館の前にある噴水の周辺や、木々が植えられている花壇にもチューリップが咲き乱れています。歴史的な建造物とチューリップのコラボレーションは、まさにトルコらしさ満載。

スルタンアフメット広場
所在地 Cankurtaran Mh., Atmeydanı Cd. No:5, 34122 Fatih/İstanbul

タクシム広場

観光中に気軽に立ち寄りやすいのが、新市街にあるタクシム広場。トラムのタクシム駅で下車すれば、そこには花壇いっぱいに植えられた色とりどりのチューリップが。

タクシム広場
タクシム広場からは、新市街の観光名所イスティクラル通りにアクセスできるため、ここに来ればショッピングもお花見も両方楽しむことができます!忙しく時間が過ぎる都会のタクシム広場ですが、ここだけは時間がゆっくり流れているかのように、皆立ち止まって写真を撮ったり腰を下ろして“お花見”をしています。

タクシム広場
所在地 Gümüşsuyu Mahallesi, Sıraselviler Cd. No:5, 34437 Beyoğlu/İstanbul

エミルギャン公園

旅行中、余裕があればぜひ足を延ばしたいのがエミルギャン公園。ヨーロッパ側のボスポラス海峡沿いにある公園で、第二ボスポラス大橋をさらに北上したあたりにあります。

エミルギャン公園1
エミルギャン公園2
小高い丘になっているこの公園には、斜面にそってたくさんのチューリップが植えられています。ラーレ・フェスティバル(チューリップ祭り)も開催され、出店や音楽の演奏もあり、お祭りムードが漂っています。公園内のチューリップ博物館では、トルコにおけるチューリップの歴史についても学ぶことができます。

エミルギャン公園
所在地 Reşitpaşa Mahallesi, Emirgan Sk., 34467 Sarıyer/İstanbul

フロリヤ(バクルキョイ)

アタテュルク国際空港の近くにあるフロリヤも、実はチューリップスポットのひとつ。飲食店も充実している大きなショッピングモール、水族館、サイクリングができる海岸沿いなどのエンターテイメント的要素がぎゅっと濃縮されているので、チューリップ観賞を兼ねて丸一日楽しむことができる穴場スポットです。

フロリヤ
フロリヤ コースト パーク
所在地 Şenlikköy Mahallesi, 34153 Bakırköy/İstanbul

おわりに

日本では見ることができないような種類のチューリップが街中に咲き乱れ、春うららかな雰囲気を存分に堪能できる春は、まさにトルコのベストシーズン。日本で桜のお花見もいいですが、今年はトルコへチューリップのお花見に出かけてみてはいかがでしょうか。

[All photos by (c)Zon]
春のトルコ!チューリップ満開のイスタンブールで訪れたいスポット4選

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。