ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「台湾ランタンフェスティバル2019」現地ルポ【1】ハイテクな台北編

台北ランタンフェスティバル 2019_01
2月の旧正月を祝う一環として、台湾の主要都市ではランタンフェスティバルを開催。台北・台中・台南を旅しながら、各地の見どころを現地からリポートします!第一弾は、最先端技術を駆使した「台北編」をお届け。歴史香る「北門」から、若者の街「西門町」まで・・・今宵、台北の街が光り輝く!

今年の目玉イベントは、最先端技術を駆使したショー

台北ランタンフェスティバル 2019_02
「パリに凱旋門があるなら、台北に北門あり」。この街の新たなランドマークとも呼ばれる北門こと「承恩門」は、今はなき「台北城」の門の1つ。中でも北門は、清の時代当時の姿を留める唯一の門として、史跡に登録されています。そんな貴重な歴史的建造物にプロジェクションマッピングを投影。「情緒あふれる古都」 x 「プロジェクションマッピング」のコラボレーションが見どころです。

台北ランタンフェスティバル 2019_03
華麗な映像に合わせて流れるのはジャズミュージック。大人の雰囲気に酔いしれる台北の夜、粋ですね。

台北ランタンフェスティバル 2019_04
7分間のショーの終わりにはエンドクレジットまで出るという・・・映画さながらの本格的な仕上がり。

台北ランタンフェスティバル 2019_05
続いてご紹介するのはロボットショー。静止していたロボットたち、曲が流れると同時に彼らの表情が変わり始めます。舞い踊るかのごとくリズムに合わせ光を放つその姿が、なんとも愛らしい。

台北ランタンフェスティバル 2019_06
台湾の渋谷こと「西門町」、若者で活気をみせるこのエリアもいつも以上に盛り上がっていましたよ。メインイベントは「きらきら光る豚ちゃんの仮装ショー」。550万画素のLEDスクリーンには、お洒落に装いを変えるブタちゃんの姿が映し出されます。世界的に有名なDJ「RayRay」さん作曲のテーマソングが、より一層クールに演出!

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき