丸紅、フィリピンマニラLRT2号線 東延伸区間を69億円で受注

access_time create folder生活・趣味


丸紅は、フィリピン建設大手 D.M.Consunji Inc.(DMCI)と共同で、マニラLRT2号線の東延伸案件(4km、2駅)をフィリピン運輸省から受注。
受注額は約69億円。
丸紅はコンソーシアムリーダーとして、マニラLRT2号線東延伸案件全体の履行管理、鉄道システム(信号・通信・変配電)一式の納入を担当。
DMCIは、鉄道システム一式の据付、軌道の納入、工事を担当。
また、なおマニラLRT2号線東延伸区間の高架橋・駅舎(Emerald駅、Masinag駅)の建設は、DMCIが受注し、完工間近。
マニラLRT2号線東延伸区間は、日本政府の円借款432億円が供与される「首都圏大量旅客輸送システム拡張事業」の一環。
マニラ首都圏で深刻化する道路混雑の緩和、大気汚染の削減、気候変動対策の取り組みに貢献する。
既設のLRT2号線建設案件は、マニラ首都圏を東西に走る13.8km、11駅の高架鉄道。
2000年に丸紅が車両、軌道を含む鉄道システムパッケージを受注し、2004年に工事を完了させている。

関連記事リンク(外部サイト)

日立金属、海外鉄道車両用LANケーブルを新開発_欧州鉄道車両火災安全性規格 EN145545-2 対応
中国 西安からドイツ デュイスブルグへ_日通、自社仕立て専用貨物列車を試験運行
日立グループ系企業がイタリア高速鉄道の信号・運行管理システムを130億円で受注

access_time create folder生活・趣味
鉄道チャンネル

鉄道チャンネル

鉄道チャンネルは、いつでも鉄道に浸れる!鉄道ファンのための鉄道専門チャンネル。多彩なジャンルの鉄道ニュースを毎日配信中!

ウェブサイト: https://tetsudo-ch.com/

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧