ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

犬金組の財力を実感!「すごい待遇の良いアイドル(笑)」岡本夏美・松田るか・坂ノ上茜インタビュー 映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』

坂ノ上:観客役のエキストラさんが自分で小道具とかも持ってきてくださっていて。ライブ中の合いの手のようなコールも現場で作ってくださったんです。

松田:本来はコールなんて入る予定はなかったと思うんです。

岡本:本当にあの観客役のエキストラさんの力を借りて、ライブシーンは成り立っていたよね。

坂ノ上:現場で作品を作っているな!とすごく感じられました。

松田:エキストラさんは朝から晩まで拘束されているのに、全然文句一つ言わないから本当にすごいなと思いました。みなさん、声を枯らすほど本気でコールを言ったり、応援してくれていて、嬉しかったです。私のファンじゃないかもしれないけど、やっぱり応援されるのは嬉しいものなんだなと実感しました。

岡本:あと、映画本編の最後に本当のアイドルさんたちがゲストで出演してくれていて、そのファンのみなさんがエキストラとして参加してくださっているんです。まだ世に出ていない見たこともない私たちのことも、精一杯盛り上げてくださって。そこから、今でも応援してくださっている方もいたり。

松田:ライブパフォーマンスをした上映会イベントに、エキストラで参加されていたお客さんが来ていて! 

――それは嬉しいですね。では、エキストラのみなさんのおかげで頑張ろうという気持ちにもなれたと。

坂ノ上:本当にパワーをもらいました。

松田:そして何より、気持ちがいいですよね(笑)。「イエーイ!」って言って声援が返ってくるのが気持ちがいい!

「ファンサの余裕はない」浅川梨奈のすごさを実感!

――現場で、本物のアイドルさんに感化されたことや学んだことは?

岡本:やっぱりアイドルの鏡といえば、浅川じゃない?

坂ノ上:浅川梨奈ちゃんもソロでライブシーンがあるんですけど、すごかったよね。

岡本:ライブMCという役なんですけど、そのリアルな盛り上げ方がすごかった。

松田:
私が参考になったのは、「浅川さん」って呼ばれると「ハイッ!」って切り替えて現場に入るの。あの「ハイッ!」が「まじもんのアイドルだ!!」と思いました。

坂ノ上:その切替えが上手だよね。

――学んで活かした部分はありましたか?

岡本:活かせないんですよね。私たちってアイドル役ではなくて、どちらかというと男役なので(笑)。アイドルを上手くできちゃいけなかったので、その微妙なところも難しかったです。だけど、私たちの男気あふれる全力感みたいなものは他のアイドルにはない強みだったかも。逆にアイドルの枠に丸く収まらないというか。

坂ノ上:でも、本気でアイドルをやってください、と言われていたら本当に大変だったと思うので、そうじゃなくてよかったかも(笑)。

松田:私も。できないもん、客席にウインクや投げキッスとか。恥ずかしい(笑)。

坂ノ上:歌って踊ることにまず必死だし!

松田:そうそう。ファンサの余裕はないよね。

坂ノ上:だから、浅川はすごかったよね。なんか空間がすごかった。

岡本:浅川ワールドになったね、さすがスパガ!

――楽曲自体も素晴らしかったですが、衣装も楽曲ごとにあって気合いの入り方がすごいなと感じました。

松田:お芝居の衣装さんとライブ衣装さんが別なんですよ。

坂ノ上:1回しか着ていない衣装もあるよね。

岡本:すごいよね。本当に普通のアイドルさんより充実させてもらっていたんじゃないかというくらい。

坂ノ上:すごい待遇の良いアイドルだよね(笑)。

岡本:犬金さん、やっぱりめっちゃお金あるな!っていう。

必見のライブシーンは振り入れ30分!?

――そして2月13日には、ついにCDデビューも果たし、おめでとうございます。

松田:申し訳ないです。しかも、ユニバーサルミュージックから。

岡本:
楽曲提供してくださった方もすごい人達ばかりですし、振付も有名な左 HIDALIさんにしていただいて。素晴らしい方々ばかりで、私たちがそこに追いついていない感があって……。でも、本当に多くの方が助けてくださっているので、ありがたいなと思います。

松田:なかなか出来ない経験をさせてもらっているからね。

坂ノ上:本当にすごい経験をしていると思う。


MV:ゴクドルズ -恋して♡愛して♡養って♡ short ver. Fromデビューアルバム「IDOL Kills」
https://youtu.be/OrT_aqbRL_c[YouTube]

――またパフォーマンスを披露する機会があったら?

松田:正直、やりたくないです(笑)。お芝居をやりたいんで、より多くの作品に出たいですね(笑)。

坂ノ上:本職を考えると、各々スケジュールもあるしね。今回劇中でやったライブも本当に時間がなくて。振り入れに何時間だっけ?

前のページ 1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。