ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

犬金組の財力を実感!「すごい待遇の良いアイドル(笑)」岡本夏美・松田るか・坂ノ上茜インタビュー 映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』

松田:全員、撮影以外でも影響を受けてましたよ!

坂ノ上:岩城滉一さんから本当に心配されてたよね(笑)。撮影期間中にドラマ『チア☆ダン』のダンスレッスンとかも入っていたんですけど、「怖かった」と言われました。

岡本:私も他の現場で「どうしてあんなにメンチ切ってたの?」と言われたり(笑)。

坂ノ上:「声をかけられなかった」と言われるくらい、役が抜けていなかったです。

松田:私たちには、あの当時男っぽい仕草で過ごすことが普通だったからね(笑)。あと、強い言葉に免疫がついて、ひるまなくなりました。「おい、テメエ! ツラ貸せよ」とか言われても、「はい!」って。

岡本:そんなこと言われるような場面あったの(笑)?

松田:Vシネマによく出られる方って、私生活も使う言葉がキツめの方がいらっしゃるんですけど、それにひるまなくなった。小沢仁志さんとか、普段の喋り方もめちゃくちゃ恐くないですか? ドスの効いた低い声で、「おい、オメェ、最近何やってんだ」とか言ってくるから、最初は萎縮しちゃう感じだったんですけど、もう今は「最近は~」って動じなくなりました。

坂ノ上:最後は普通に会話してたよね(笑)。

――今はもう役は抜けきりましたか?

松田:抜けきりましたね。でも、これを通して演技の幅は広がったと思う!

岡本:だって、いつもなら女優さんが意識しなければいけない、可愛い姿やキレイな部分をカメラマンさんや監督さんが探ってくださって、映してくださるじゃないですか。この現場はそれがゼロ!

松田:可愛く見えたら負けだと思う。

岡本:誰がいかに変な顔をできるか、でした。白目やら口歪ませるやら、二重あごやら……。

坂ノ上:変顔したくて仕方なかったもん!

岡本:そんな部分で競っていました(笑)。

――犬金組・組長役の岩城滉一さんはどんな方でしたか?

松田:大きい子供みたいに無邪気なんですよ(笑)。

岡本:すごくチャーミングな方でした! 岩城さんとsnowで遊びましたよ。「これ猫になれるんですよ」と言ってカメラを向けたら、「何だよ、これ!」とメンチ切りながら、「面白いじゃねーか!」と言ってくれました(笑)。本当に役者として大先輩なのに、私たちをちゃんと対等にプロとして見て向き合ってくださって、とても嬉しかったです。

坂ノ上:クランクアップのときも、3人にお揃いの腕時計をくださったんです。

岡本:ただ、もう岩城さんテイストが入りすぎたギラッギラの時計だったので(笑)。

松田:どこに着けていけばいいのか(笑)。

岡本:岩城さんが着けるからカッコイイ、みたいな(笑)。でも大切に保管しています。宝物です。

――大杉漣さんも出演されて、岡本さんとは共演シーンもありましたね。

岡本:大杉さんとは、『仮面ライダー1号』から2度目の共演で、今回の撮影現場に入ったときに、私のことを覚えていてくださって! 前回の共演は2、3年前だし、私は高校生くらいだったので覚えていないだろうなと思っていたんです。でも、私よりも先に大杉さんから「前に一緒だったじゃん、夏美」と声をかけてくださったんです。それで、一緒にお写真を撮りましょう、と言ったら快く「いいよ」と引き受けてくださいました。共演シーンも、大杉さんの言葉すべてが温かくて。大杉さんの心から出てくるセリフみたいなものに、アイリとしてではなく、岡本夏美として胸に響いて、大号泣してしまって。監督とは、「悩めるアイリのシーンなので涙がホロリと出たら温かいシーンになるかな」と話していたんですけど、思ったよりも大杉さんの言葉を受けて涙が止まらなくなるくらい大号泣してしまいました(笑)。

そうやってちゃんと相手の心に言葉を届けられる役者さんになりたいし、“なるべきだな”と思いました。相手役の心を動かしてからスクリーンの前の人の心を動かす役者魂や大杉さんの人柄、人間力のような魅力をあのワンシーンでたっぷりと感じて幸せだったなと思います。

ライブのコールはエキストラが現場で生み出した

――ライブシーンもたくさんありましたし、曲数も1、2曲ではないのでかなり大変だったのではないでしょうか。

松田:撮休(撮影休暇)と言いつつダンスレッスンなんですよ。

坂ノ上:あとアクション稽古ね。

岡本:とにかく撮影の2~3か月は私たちは走り倒してましたね。だから、2人がいて心強かった。私は1人だったら切羽詰まっていたと思う(笑)。

坂ノ上:ダンスやアクションの中にも3人それぞれのキャラクター性が出ていて。チカはぶりっ子ぽい、ちょっとジャンプしたりするダンスになっていたり。お芝居だけじゃなく、そういったダンスやアクションを通してクランクイン前から自然と役作りをしていけたのかなと思います。

松田:でも、筋力不足と体力不足を実感しました。めちゃくちゃ筋肉痛で次の日ダンスシーンみたいな。

岡本:だけど、大人になってからあんなに濃い3か月はそうそうない。中学のときは、部活をやっていると「あの2年間は濃かったな」とかあるじゃないですか。「この大会のためにみんなで練習して」みたいな、その時と同じような感覚。

坂ノ上:たしかに、濃縮された時間だったね。

岡本:もう、この2人は友達みたいな感じじゃないんですよ。男っぽい感覚の仲間みたいな存在です。

――ライブシーンは観客を前にして歌って踊るという演出でしたが、撮影の思い出は?

前のページ 1 2 3 4次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき