ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ラーメン激戦区 東京・丸の内特集:“せたが屋”が仕掛ける王道の鶏清湯“中華そば 福味”! インスタ映えする赤いラーメンや激ウマ中華カレーにも注目!

▲中華そば 福味

全国のラーメンを食べ歩くラーメンミュージシャン、井手隊長です。東京駅直結の丸の内KITTEのB1Fに“ラーメン激戦区 東京・丸の内”が3月5日グランドオープン! 話題の5店舗が集結し、東京駅のラーメン戦争が更に激化する形になる。今週はこの“ラーメン激戦区 東京・丸の内”から3回に分けてレポートをしていく。

2回目の今回は“中華そば 福味”をご紹介。“せたが屋”が手がけるブランドで、羽田空港国際線ビルに続き2店舗目となる。

▲中華そば

まず紹介したいのが中華そば。信玄鶏の丸鶏に野菜を加えたスープ。上からは鴨油をかけている。あっさりながら鶏の旨味が口いっぱいに広がり、これは旨い!

東京駅にここまでの鶏清湯のラーメンはないので貴重な一杯だ。

▲紅の煮干しラーメン

そして、1日30食限定の紅の煮干しラーメン。とにかく何と言ってもスープの赤さに驚く。この赤さの正体はカエシに使っているビーツ。健康にもいいし、インスタ映えもしてしまう気になるメニュー。

スープのベースは煮干しで、あっさりながらこちらもしっかり煮干しが効いている。

▲よだれ鶏カレーライス

ここには外せないサイドメニューがある。よだれ鶏カレーライスだ。

中華の人気メニュー“よだれ鷄”をカレーに合わせるという創作メニュー。これがとんでもなく旨い! フカフカの鶏にビシッと効いた山椒、そしてコクのあるカレー。あるようでなかった最高の組み合わせだ。

ラーメンとカレーだと若干食べ過ぎな感はあるが、2人以上で行かれる場合はぜひ注文してほしいメニューだ。

中華そば 福味 東京駅KITTE店
東京都千代田区丸の内2丁目7−2 KITTE丸の内地下1階「キッテ グランシェ」内 ラーメン激戦区東京・丸の内
03-6812-2922

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 井手隊長) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。