ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

東京で始める一人暮らし!家賃相場と生活費用をシミュレーション

東京での生活費の平均はこれだ

ここからは、一般的な一人暮らしの1ヵ月にかかる生活費をみてみよう。

出典:政府統計 2017年家計調査 1世帯当たり1か月間の支出(単身世帯/34歳以下)食費39,510円水道・光熱費 6,959円家具・日用品費 6,500円被服費 7,712円保健・医療費 3,627円交通費 7,260円通信費 7,451円教養費・娯楽費17,155円交際費11,780円雑費10,724円合計118,678円食費39,510円水道・光熱費6,959円家具・日用品費6,500円被服費7,712円保健・医療費3,627円交通費7,260円通信費7,451円教養費・娯楽費17,155円交際費11,780円雑費10,724円合計118,678円

統計調査によると、34歳以下の単身世帯(男・女)の住居費等を除く月々の消費支出の合計金額は約12万円となった。

上記は全国平均だが、東京では物価の高さが影響し、食費や外食費、服飾費、娯楽費が高くなりやすい傾向がある。上記金額にさらに1〜2万円プラスされると計算しておこう。東京でも生活費おさえるコツは、ズバリ家賃を抑えること!工夫して無駄な出費を抑えよう

工夫して無駄な出費を抑えよう

東京で一人暮らしを始めるには、初期費用をはじめ月々の家賃や生活費がある程度かかることがわかった。月々の出費を抑えるためには、生活費のなかでも多くを占める家賃を抑えることが重要になる。

一人暮らしの適正家賃は、手取り収入額の25~30%といわれている。部屋選びの際はあれもこれもと条件を欲張りすぎず、身の丈に合った家賃の物件を選ぶようにしよう。

また、東京での暮らしには誘惑が多いものだが、なるべく外食を控えて自炊を心掛ける、服飾費や娯楽費は月々の上限金額を決めておくなど、生活費を無駄遣いしないための工夫も大切だろう。東京一人暮らしのお部屋もおまかせ! 物件探しを専門スタッフがオンラインでサポート!

東京では電車や地下鉄の路線が非常に多い。慣れないと分かりにくいが、物件探しのポイントにもなるため通勤や通学場所に利用できる路線はチェックしておこう。工夫次第で東京一人暮らしを快適にスタートできるだろう。

東京へ引越ししたいけれど、土地勘がなくどんな街に住んだらよいかわからない。予算内でなかなか希望に合う物件が見つからない! そんなときは、「CHINTAIエージェント」におまかせ! お部屋探しの専門家が、オンラインであなたのお部屋探しをサポートしてくれる。
登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント登録して待つだけで部屋を探してもらえるCHINTAIエージェント

前のページ 1 2 3 4次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき