ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【防災アイデア】災害時に役立つアイテムを日用品で自作してみよう

知っておきたい! 非常事態を乗り切るための手作りテクニック逃げる人のイメージ

いざという時に慌てなくて済むように、防災グッズは用意しておきたいもの

内閣府統計によれば、世界の地震の約10%が日本で発生しており、マグニチュード6以上の地震においては約20%に及ぶという。

9年目の3.11を迎える今、私たちは〝地震大国ニッポン〟に住んでいることをあらためて自覚し、いざという時に慌てず行動できる一人ひとりでありたい。

今回は、地震をはじめとした災害時に役立つアイテムを自分で作るテクニックをご紹介。身の周りにある物を使って簡単にできるので、ぜひ覚えておこう。【災害時に役立つアイテム】ペットボトルで濾過器を作ろう

災害時は断水が起こる可能性が高い。備蓄していたミネラルウォーターが尽きてしまったら、雨水などで急場をしのぐ必要も出てくるだろう。

復旧してからも、しばらくは水が濁った状態が続く。それらを飲用に近い状態にする〝濾過器〟があれば、命をつなぐことができる。ペットボトル濾過器の材料と道具

【材料】
・ペットボトル=2本
・小石(園芸用の鉢底石、観賞魚用の水槽石など)=適量
・木炭(バーベキュー用の炭など)=適量
・カット綿=適量

【道具】
・はさみ(またはカッター)ペットボトル濾過器の作り方

①. ペットボトルを切る防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:ペットボトルを切った様子

Aは底の部分を、Bは上部をはさみで切り取る

②. Aの飲み口にカット綿を詰める防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:ペットボトルの飲み口に綿を詰めた様子

カット綿は水で湿らせてからきつく絞り、飲み口から外れないくらいギュウギュウの量を詰める

③. Aに材料を入れる防災アイテム・ペットボトル濾過器の作り方の工程:カットした2本のペットボトルに小石とカット綿を順番に詰めた様子
1 2 3 4 5次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき