ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

最初は裸の付き合いから! 映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』白洲迅・花沢将人・柾木玲弥「体張って命かけました!」

2015年より「ヤングマガジン」で連載がスタートし、2018年夏にはTVアニメ化もされた話題の漫画『Back Street Girls』を原作とした、映画『BACK STREET GIRLS -ゴクドルズ-』が2月8日より全国公開中! そして、2月17日よりMBS系/TBS系でTVドラマも放送スタート!

極道を貫いてきたヤクザな男たちが、まさかの全身整形・性転換手術を行い女性アイドル「ゴクドルズ」としてデビュー! 極道である本来の自分と女心の間に揺れながら、そして葛藤しながら、アイドルとして生きていく男たちをコミカルに描いた物語です。

今回、まさにその葛藤の中に生きる男3人、山本健太郎役:白洲迅さん、立花リョウ役:花沢将人さん、杉原和彦役:柾木玲弥さんにインタビュー。

作品を観た印象としては、性転換後も男性Ver.での3人の登場シーンも多いと感じた本作。裏話や細かな設定も伺いました。

花沢将人がみんなを繋いでくれた

――映画はすでに撮り終えたあとだったと思いますが、原作漫画はTVアニメも放送され話題になりましたね。

花沢:映画よりもアニメが先に放送になるのか、という不安は正直少しありました。声優さんのお芝居を見てから映画を観ることになると思うので、キャラクターの印象も少し異なる部分はあるんじゃないかなと。

柾木:でも、原作のギャグっぽいテンポ感は映画も一緒なのかなと思いました。

花沢:漫画は自分の速度で読むとは思うんですけど、セリフとセリフの間などは映画でも通じている部分かなと思います。

――アクションシーンも多いですが、指導を受ける期間はあったのでしょうか。

花沢:撮影期間に入る前に、アクションの練習があって、なんとなく経験もあったのでゼロからという感じではなかったですが、現場で変わることもあり、臨機応変に対応していかなければならないことも多かったので大変でした。

白洲:僕らはアクションシーンから今回の撮影に入ったんですよ。3人で乗り込みに行くシーンから撮り始めて、逆にそれで勢いをつけて走り始めることができたので、入りとしては良かったのかな、と個人的には思っています。みんなすごく熱くなって、アクション稽古のときより何段階もテンションが上がるので、お互いのそんな姿を見て、「ああ、こういう風に作ってくるんだ」って。アクションと言っても役を演じながらなので、原作上でもそれぞれファイトスタイルも違うし。そういうところでお互いの役と役の繋がりがまず出来始めたのかなと思います。

柾木:アクション部の方が僕自身の芝居やテンションを大事にしてくれて。正しいアクションの形とは違う部分もあったかもしれないんですけど、ヤクザという役だし、僕はがむしゃらなキャラクターだったので、ちょっと間違えたりしても、それにアクション部の方が合わせてくれたりして、すごく感謝しています。お芝居として演じる中でアクションが出来たと感じられて、それは本当にアクション部の方のおかげだなと思います。

――共演されてお互いの印象は変わりましたか?

花沢:初共演だったんですけど、この中で兄貴役が白洲迅で納得しました。すごく落ち着いているし、現場なども俯瞰でいろいろ見ているイメージがあります。玲弥は鉄砲玉という役ですけど、プライベートでも割りとそんな感じなので(笑)。2人とも役には近かった気がします。

――お二人も役に近かったと思いますか?

柾木:迅くんが兄貴という部分はそうですね。将人くんは年上なんですけど、めっちゃ良い人。

白洲:将人くんは、僕とはまた違った落ち着きがありますね。みんなを繋いでくれる感じがあります。俺は玲弥とは共演したこともあったんですけど、お互い人見知りなのであまり仲良くなかったんですよ。俺は仲良くなりたかったんですけどね(笑)。今回、将人くんがいたから繋いでもらえて、俺は玲弥のことが大好きになりました。

柾木:いや、僕が迅くんのことを大好きなんですよ。

花沢:2人で告白するのやめてよ。繋いだら俺はもういい、みたいな(笑)。

一同:あはは!

柾木:だから、迅くんの印象は変わりましたね。共演したことはあるのにあまり喋ったことがないような、変な距離感だったので。迅くんも将人くんも本当に良い人なんですよ。言葉のトゲとか斜に構えている感じもなくて、良い人たちで良かったです。

花沢:たしかに、3人のバランスがすごく良いかも。

白洲:一緒に居てラクだし楽しいし、波長が合ったから、プライベートでもごはんに行ったりしました。

柾木:役者史上、初めてですね。一番最初の現場終わりのその日にごはんに行ったのは。

――一番最初から、気の合う3人だったんですね。

白洲:そうですね。そこは芝居に活きているんじゃないかなと思います。

いきなり裸の付き合いから!

――今作はコメディ要素も多いですが、ややシリアスな場面もあり、見どころが多い作品になっていると感じます。撮影中に印象に残っていることや大変だったシーンがあれば教えてください。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。