ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ガンダム】ガンプラ制作世界一が決定、一般は日本、Jr.はインドネシア、入選作品と審査員コメントも掲載

【ガンダム】ガンプラ制作世界一が決定、一般は日本、Jr.はインドネシア、入選作品と審査員コメントも掲載

オープンコース優勝の日本代表・佐藤祐介さん(左)とジュニアコース優勝・インドネシア代表のイルワントさん

ガンプラ制作の公式世界一決定戦『GUNPLA BUILDERS WORLD CUP 2018』の世界大会決勝戦の表彰式が、12月9日(日)、東京・お台場のガンダムベース東京にて行われた。
16カ国と地域でそれぞれの予選を勝ち抜いた代表が世界一の称号をかけて激突。
一般の部であるオープンコースの優勝は、日本代表の佐藤祐介さんの「ガンダムエクシアリペアII -胎動-」に決定、ジュニアコースではインドネシア代表のイルワントさんの「ビルドダイバーズ ファンタジー」が優勝した。ジュニアコースで日本代表のTokiさんはわずか5ポイント差で惜しくも4位となり入賞を逃した。
IMG_9296
表彰後審査に当たったバンダイスピリッツ ホビー事業部の”川口名人”こと川口克己氏は「ポイントっていうことでは若干差はありますが、基本的にはどの作品が優勝してもおかしくないものばかりだと思っています。そういう意味では今日こちらにいらっしゃっている皆さんもそうなのですが、残念ながら来られなかった各エリアのビルダーの皆さんも、優勝するチャンスは必ずあります。自分はこういうのを作りたいんだ、こういうのを人に見せたいんだ、というところをぜひ全面に押し出して、作品としてすごく面白いもの、楽しいものをまた見せていただけるとありがたいと思っています」とコメントした。

入賞した各作品を紹介

オープンコース 
【第1位】(世界チャンピオン)

【作品名】
ガンダムエクシアリペアII -胎動-
【ビルダー】
<日本代表>
YUSUKE SATO(ユウスケ サトウ)
「このような賞を頂き、感無量です。ありがとうございました」
IMG_9298

右下に人が立っているコロニーの外からでもガンダムが覗ける背面にソレスタルビーイングのマーク
【審査員コメント】
「この作品は、ボックスタイプジオラマといわれる作品で、ボックスタイプというと大体、四方を壁で囲って一方向から作品を見るものが多いが、よく見ていたら側面に窓があり、窓からもジオラマを楽しめる。しかもその構図が素晴らしい。
右横を見てもらうと、まるで「2001年宇宙の旅」のモノリスのようなものが刺さっていたり、遊び心もたくさんある。背面はソレスタルビーイングのマークがあしらわれていたりとか、どこから切り取ってどこを見ても、非常に高いレベルで楽しめるという作品だった。工作、塗装ともにほぼ満点。アイディアも素晴らしく、チャンピオンにふさわしい作品だと思った」(ホビージャパン編集部 編集長 木村 学)
【第2位】
【作品名】
EVERY THING STARTS WITH A PROTO TYPE(エヴリシング スターツ ウィズ ア プロトタイプ)
【ビルダー】
<フィリピン代表>
JAMES MARC R. QUINSAAT(ジェームズ マーク アル クインサット)
開発中のモビルスーツのドッグを表現
開発中のモビルスーツのドッグを表現

IMG_9308未塗装の右足にはチョークで文字がIMG_9306
【審査員コメント】
60分の1ガンダムを12分の1の重機に見立てるという、このアイディアに脱帽だった。
この素晴らしい塗装。基本的な塗装力がないと、こういう風な美しい仕上げにはできない。ウェザリングでごまかせない。そういった塗装力の高さに大変驚かされた。
あと、例えば、右足が未塗装だが、そういったところにチョークの注意書きが入っていたり、見どころがすごく満載で、色んなところをいつまでも見ていたくなる、そんなすごく素敵な作品だと思う」
(モデルグラフィックス編集部 ガンプラ担当 関口 巌)
【第3位】
【作品名】
WE ARE GUNDAM(ウィーアーガンダム)
※この作品は特別審査員賞も受賞
【ビルダー】
<タイ代表>
Vichayuth Eiam-Ong(ヴィチャユス エイアム-オン)
IMG_9312_5

IMG_9312_2IMG_9310IMG_9311_2
【審査員コメント】
「各装甲への写り込みの表現の仕方、正直驚かされた。こんなやり方があるんだなあと。
全体の構図の空間の作り方とかも、すごくバランスが良くまとめられており、本体の方に目がいきがちだが、足元のところの細かなフィギュアとか、その他のプラモデルの置いてある細かなところの再現も、すごく見ていて楽しくなる作品だと思った」(BANDAI SRIRITS ホビー事業部 安永亮彦)
【審査員特別賞コメント】「アニメーターとして監督としてという部分で選ばせてもらった。作品全体のアウトラインの素晴らしさ、ダイナミックにして繊細。すべてが自分好み、ドストライク!」(アニメーション監督 大張正己)
▶︎次ページはジュニアコース の作品

ジュニアコース 
<第1位>(世界チャンピオン)

【作品名】
Build Divers Fantasy(ビルドダイバーズ ファンタジー)
【ビルダー】
<インドネシア代表>
Mark Alexander Ierwanto(マーク アレクサンダー イルワント)
「ありがとうございました。わたしの芸術はまだまだ完成ではないと思っています」
IMG_9339

上のガンダムはモノトーン調クシャトリヤには彩度の高い配色後ろから。何ともいえない作り込みだ
【審査員コメント】
「この作品の空間構成能力の高さに驚かされた。それと一番驚かされるのがカラーリング。メッキ調の塗装が大変美しいが、下のクシャトリヤに彩度の高い配色がされていて、上のガンダムの方がモノトーンにまとめてある、こういったところも大変評価が高かった」(モデルグラフィックス編集部 ガンプラ担当 関口 巌)
<第2位>
【作品名】
Once again(ワンス アゲイン)
【ビルダー】
<台湾代表>
WU CHIH EN(ウ シ エン)
IMG_9334

IMG_9335_1パイロットか、人も立っているIMG_9338
【審査員コメント】
「一見、非常に地味に見えるが、よく目を凝らして細部を見ると、工作、塗装ともに非常に高いレベルにまとめられている。
実は人も立っており、すごく細かいところまで配慮されている作品だったと思う。
ジオラマとしては、構図を斜めに切ってみたりとか、高さに変化を付けたりとかすると、更に多分良くなると思う。」(ホビージャパン編集部 編集長 木村 学)
<第3位>
【作品名】
The White Golem(ザ ホワイト ゴーレム)
【ビルダー】
<ベトナム代表>
Nguyen Hoang Long(ヌグヤン ホンー ロン)
細かい作り込みと表面処理の高さが高評価
細かい作り込みと表面処理の高さが高評価

IMG_9316_2IMG_9319IMG_9314
【審査員コメント】
「144分の1という小さいサイズのモデルだが、細かい作り込みの丁寧さ、表面処理のきれいさというところを評価。背部のバックパックや、細かいメタルパーツの接着みたいなところをもう少しきれいにやると更に上のところを狙えると感じた。」(BANDAI SPIRITS ホビー事業部 安永亮彦)
(C)創通・サンライズ

関連記事リンク(外部サイト)

【アニメ】『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』がTVシリーズ全13話に再編集、NHKで放送決定=4月29日より
ガンダムと有馬記念がコラボで「アリマ、行きまーす!」、『有馬戦士ガンダム』始動!
「このフィギュア…開くぞ!」パイロットがモビルスーツに乗り込む! ガンダム食玩フィギュアに新シリーズ予約開始

1UP情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy