ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

インドの国産戦闘機「テジャス」が完全運用能力を獲得

インドの国産戦闘機「テジャス」が完全運用能力を獲得

 2019年2月20日、インド国防省は開発中だった国産戦闘機「テジャス(Tejas)」MK.Iが最終の運用試験に合格し、完全な運用能力を獲得したと発表しました。2013年の初度運用能力(IOC)獲得以来、1500回の飛行を重ね、ようやく完全な運用能力を手にしたことになります。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 テジャスは、旧式のMiG-21戦闘機を置き換える「軽戦闘航空機(Light Combat Airclaft=LCA)」計画に基づいて開発されたインドの国産多用途戦闘機。開発作業はインドを代表する航空機メーカーHAI(ヒンドスタン航空工業)が中心となり、アメリカの技術支援も受けながら、インドの工業界が合同で行ってきました。

 機体の全長は13.2m、全幅8.2m、全高4.4m。空虚重量6.56トン、最大離陸重量は9.8トンと、ほぼMiG-21と同じサイズで、計画にもある通り現代においては小型(サーブ・グリペンより一回り小さい)の軽戦闘機といえます。水平尾翼のない無尾翼デルタ機ですが、単純なデルタ翼ではなく、高迎え角時の失速特性を良くするために、前縁の後退角が付け根側50度、そして外側が62.5度という複合デルタ翼となっています。通常、複合デルタ翼の場合、外側の後退角を少なくするケースが多いのですが、テジャスの場合は逆に外側の後退角の方を大きく設計しています。このような形式のデルタ翼を持つ戦闘機は、スウェーデンのサーブ・ビゲンくらいしかありません。ビゲンは大きな先尾翼(カナード)を組み合わせたクローズカップルドデルタ(Close Coupled Delta)という形式なので、無尾翼デルタの戦闘機としては唯一の存在といえるでしょう。無尾翼デルタ機の常として、翼端の「ねじり下げ」も行われています。

 エンジンはF/A-18やサーブ・グリペンなどに使われている、アメリカGE製のF404ターボファンエンジンを1基装備した単発機。F404ファミリーの中でも最大の推力を持つF404-GE-IN20(最大推力1万9000lbf/84kN)を採用しています。この大きな推力により、どの高度でも超音速飛行が可能とされています。また、最大制限荷重はプラス8G/マイナス3.5Gと公表されています。

 兵装はGSh-23機関砲のほか、左右の主翼下に3か所ずつ、胴体下に2か所の計8か所に兵装ステーションがありますが、胴体下の1か所は複合センサー専用。また、主翼の一番外側の兵装ステーションも近距離空対空ミサイル専用となっています。増槽は胴体下と主翼の一番内側の計3か所に装備され、視程外空対空ミサイルは主翼下内側の2か所ずつ計4か所、爆弾(レーザー誘導爆弾も使用可)は主翼一番外側の2か所を除く全ての兵装ステーションに装備可能です。

 コクピット計器は大型の多機能ディスプレイ(MFD)とヘッドアップディスプレイ(HUD)を使用したグラスコクピット。操縦もコンピュータが介在するフライ・バイ・ワイヤ方式で、飛行制御や火器管制に使われるコンピュータシステムは、オープンアーキテクチャのものを採用しています。

 初期運用能力を2013年に獲得したテジャスは、2016年7月からインド空軍の第45飛行隊に引き渡され、完全な運用能力獲得に向けて1500回に及ぶ試験飛行が続けられてきました。このうち、作戦遂行に必須とされてきたのが、空中給油(受油)能力と視程外(BVR)空対空ミサイルの運用能力、そして空対地攻撃能力。最後に残っていた空中給油試験が2018年9月4日に成功し、2019年1月には量産許可が政府から出されていました。

 インドのニルマラ・シタラマン国防大臣は、このテジャスについて地元メディアに対し、パキスタンが中国と共同開発した戦闘機JF-17サンダーより優れていると発言し、能力はサーブ・グリペンに匹敵するとしています。このところカシミール地方を巡って、インドとパキスタンの間で再び緊張が高まっており、インドとしてはこのテジャスを防衛力だけでなく、工業力の象徴としても考えているようです。

Image:MOD Government of India

(咲村珠樹)

関連記事リンク(外部サイト)

最後は空軍参謀総長が操縦! イギリス空軍トーネードさよならツアー
世界初!民間の月探査機が打ち上げ成功 4月に月着陸予定
インドの航空ショウでMiG-35売り込み インド国内生産も可能とアピール

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき