ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

綿の宮殿が生み出す世界!トルコの絶景「パムッカレ」 

綿の宮殿が生み出す世界!トルコの絶景「パムッカレ」 

「パムッカレ」と聞いてもピンと来る方は少ないでしょう。まずは、パムッカレの写真を見てください。地球離れした光景に驚くのではないでしょうか?今回は知られざるパムッカレの概要や行き方を解説します。

2018年6月更新の記事に新たに追加しました。(2019/2/26)

 

パムッカレの概要

パムッカレはトルコ南西部に位置する世界文化遺産(複合遺産)です。「パムッカレ」はトルコ語で「綿の宮殿」を意味します。かつて、ここではたくさんの綿が取れていました。

この純白の独特の風景は石灰棚が蓄積された結果です。また、パムッカレは温泉地としても有名でした。現在では入場が制限されていますが、温かい水を流れているところを見ると、パムッカレが温泉地であることがわかると思います。

 

パムッカレの感想とおすすめの時期

できれば、晴れた夕方にパムッカレに行くことをおすすめします。石灰棚がオレンジ色に染まっていくシーンは多くの旅人の心を揺さぶるようです。
一方、冬は水がない場合もあるため、おすすめしない、とのこと。パムッカレに行く際は季節と時間が大切です。

 

パムッカレ・テルマル

View this post on Instagram

Masatoshi Kanenoさん(@yamin_0421)がシェアした投稿 – 2018年 9月月21日午後6時55分PDT


パムッカレ・テルマルはパムッカレの入口にある温泉施設です。温泉施設といっても日本の温泉とは異なり、温水プールのような感じです。

また、パムッカレ・テルマルは遺跡を利用した温泉施設としても知られています。ぜひ、日本では体験できないミステリアスな温泉を楽しみましょう。

 

パムッカレへのアクセス

パムッカレへは玄関口になるデニズリに行く必要があります。デニズリへはイスタンブールから飛行機、もしくは長距離バスを使ってアクセスできます。飛行機で約1時間、バスで12時間~13時間かかります。

デニズリからパムッカレへはミニバスでアクセスできます。ミニバスの乗り場はデニズリ中央部に位置する長距離バスターミナルです。本数は15分に1本ほどなので、時刻表をチェックする必要はありません。デニズリ~パムッカレ間はそれほど離れていないのでアクセスしやすいでしょう。

 

パムッカレのみどころ

All photo by shutterstock

自然で有名なパムッカレですが、もうひとつ忘れてはならない見所があります。それが、古代都市ヒエラポリスです。ヒエラポリスは紀元前190年、ペルガモン王国時代に作られました。ローマ帝国時代には温泉保養地として最盛期を迎えたのです。

残念ながら、温泉保養地パムッカレは度重なる地震の影響により廃墟になりました。それでも、ローマ型の円形球場や1000人が入れた大浴場跡など、往時を偲ばせる遺跡が数多く残っています。

最後に

大自然と歴史遺産、同時に楽しめるスポットは世界中探しても、それほど多くないと思います。現地情報に注意して、ぜひパムッカレを訪れてください。
■詳細情報
・名称:パムッカレ
・住所: 20280 Pamukkale/Denizli Merkez/Denizli, トルコ
・アクセス:デニズリからミニバス
・営業時間:24時間
・定休日:無休
・電話番号:0258-272-2044
・料金:20トルコリラ
・オススメの時期:いつでも
・公式サイトURL:http://whc.unesco.org/en/list/485

関連記事リンク(外部サイト)

中世の面影を残した国「ルーマニア」の世界遺産全7ヶ所をまとめました
激混み回避!万里の長城の壮大な絶景を効率よく短時間で見て周るならこのルートに決定!
自然が作り出した幻想的な奇石の町、カッパドキアをレンタサイクルで巡る旅
未だ7割が未発掘の古代都市「ペトラ遺跡」は7,500円払っても行くべき!

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。