ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ニンテンドースイッチで探して掘り出す、”カワイイ”良作インディーゲーム六選

今日も、Nintendo Switchでは数多くのインディーゲームが発売されている。昨今は日本の個人制作者によるインディーゲーム、同人ゲームの数も増えてきているほか、内容、価格面で大作レベルに当たる作品も出てきている。

一週間の内に発売されるゲームの数も二桁が当たり前となり、逆に一桁の時は何があったのかと心配されてしまうほどである。そして、数が増えることによって、埋もれてしまう作品も相対的に出やすくなってきている。

そんなタイトルを掘り出し、陽の光を当てるために我らがもぐらゲームスは存在する。

ということで、再び「探しだす・掘り出す」の理念に基づき、六本の注目すべき良作インディーゲームを紹介したい。

なお、今回は”可愛さ”を特徴とするゲーム中心にピックアップした。

Yono(ヨノ)

yono_01

まず最初に紹介するのは、可愛いゾウさんが主人公のアクションアドベンチャーゲーム『Yono(ヨノ)』。制作はスウェーデンに拠点を置くインディースタジオ「Neckbolt」で、海外では2017年10月13日にNintendo Switchのほか、PCゲーム配信プラットフォーム「Steam」にてWindows版も発売された。日本国内では2018年5月3日に発売。販売及びローカライズは「CIRCLE Ent.」が担当している。

1000年に一度、星より産み落とされる世界の守り手「エレファント」の子供である「ヨノ」となり、三つの種族から成り立つ「ナイチンゲール王国」を舞台に、各地を冒険しながら様々ないざこざの解決に取り組んでいくというのが主な内容。
ゲームは見下ろしの斜め視点で構成されたフィールドを舞台に、行く手を阻む仕掛けを動かしたり、謎を解いたり、時には敵と戦ったりしながら進む。アクションアドベンチャーとしては王道だが、街を除く全てのフィールドにパズル、謎解きと言った仕掛けが張り巡らされていて、常に頭を使いながら道を切り開く展開が繰り返される。
極端に言えば、街以外全てがダンジョンと言った具合だ。
yono_02

主人公「ヨノ」もエレファントこと象ということで、長い鼻を用いた特技を披露。鼻息で仕掛けを動かしたり、水を吸って放出したりなど、ユニークなアクションを楽しめる。武器、防具を装備することはできないが、その分、パワフルな体当たりで敵に強烈な一撃を与えたり、時には行く手を阻む箱、岩などを粉砕。見た目に忠実な力任せなプレイも楽しめる。そして、何より「ヨノ」自身がとても愛らしい。歩くだけでも心がホッコリしてしまう。
yono_03

反面、ストーリーはシリアスで、種族ごとの価値観の違いによる対立、民主主義と権力問題、哲学的思想などの深刻な題材を元にした展開が描かれる。やり込み要素として、国の歴史を解き明かす資料集めもあり、そこでも政治、戦争と言った重い背景が描かれる。冒険を通じて出会う三つの種族もそれぞれ異なる価値観と、他種族に対する認識を持っており、この複雑な世界を通し、ヨノはどのような知見を得ていくのかも見所の一つとなっている。

可愛い見た目とは裏腹に、日常や世界情勢に関して考えるきっかけも与えてくれる一作。ボリュームはコンパクトだが、豊富なパズルを盛り込んだ構成も相まって、密度の濃い展開が楽しめる。ヨノの可愛さ目当てで遊んでも十分に元が取れるので、アクションアドベンチャー好きには要チェックの一作だ。なお、Steamで配信されているWindows版は日本語非対応のため、ご注意を。ついでに価格もNintendo Switch版の方が安くてお得だ。

[基本情報]
タイトル:『Yono(ヨノ)』
制作者:Neckbolt(※販売&日本語ローカライズ:CIRCLE Ent.)
クリア時間:4~6時間(※サイドクエスト攻略を除く)
価格: ¥1000

購入はこちら
https://ec.nintendo.com/JP/ja/titles/70010000009918

Yoku’s Island Express ヨクのアイランドエクスプレス

yoku_01

続く二本目はこれまた可愛らしいフンコロガシの郵便屋さん「ヨク」が頑張る『Yoku’s Island Expressヨクのアイランドエクスプレス』。先述の『Yono(ヨノ)』と同じく、スウェーデンに拠点を置くインディーディベロッパー「Villa Gorilla」が制作、イギリスの「Team17」がパブリッシャーを務める探索型アクションゲームだ。日本語版のローカライズは架け橋ゲームズが担当。Nintendo Switch以外にも、Steamで販売されているWindows版がある。こちらも日本語に対応。また、2018年10月11日にはPlayStation 4版の配信も始まっている。
yoku_02

1 2 3 4 5次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき