ネパール国際映画祭が開幕! 日本作品『私とわたし』が世界の30本に選出

access_time create folderエンタメ

第2回ネパール国際映画祭が、2月21日にネパールの首都カトマンズで開幕。世界中から選りすぐられた46作品のうち、30本の短編作品には、2017年にカンヌ国際映画祭で上映され、ロサンゼルス、トロントなどの国際映画祭で10冠を獲得した『私とわたし』(佃尚能 監督)も選出されている。

ハリウッド映画のロケ地から、映画の発信地へ

ネパール国際映画祭は、昨年、ネパール映画文化アカデミー(NFCA)の主催で創設されたばかりの若い映画祭。

上海国際映画祭をはじめ、インド、カザフスタン、トルコ、エジプト、ギリシアなどアジア・オセアニアからヨーロッパまで29か国の映画祭が加盟する、ベルト・アンド・ロード映画祭連盟(BRFFA)の一員として、ネパール最大の国際映画祭を目指して設立された。

『ハリー・ポッター』『トロイ』『ミッション:インポッシブル2』などのハリウッド映画に使われる壮大なロケーションを持つ強みを生かして、これから「世界に発信できるネパール映画を創り出していきたい」と映画祭事務局は意気込んでいる。

女優・大須みづほが1人8役を演じる『私とわたし』がアジア初上映

日本からは、連続テレビ小説『ひよっこ』などにも出演する女優・大須みづほが1人8役を演じた5分間の短編作品、『私とわたし』が選出。

カンヌ、NYで話題を集め、北米を中心に20を超える都市で上映された『私とわたし』だが、アジアでの上映は初。佃尚能 監督の他、同作でL.A.Shorts Awards最優秀メイクアップ賞を受賞したメイキャップアーティスト・西藤恭子も現地入りし、24日の上映に登壇が予定されている。

「アジアとの共同制作で、世界に対抗できる作品を創りたい」と語る佃監督。ひょっとすると、映画新興国・ネパールとの連携もあり得るのかもしれない。

【ネパール国際映画祭】http://niff.org.np/ [リンク]
【私とわたし】https://www.watawata-movie.com/ [リンク]

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 荏谷美幸) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

access_time create folderエンタメ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧