ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

就職を控えた大学生に「正しい叱られ方」を教える動き!? NHKおはよう日本が紹介した「叱られ方を学べ」に批判集まる

2月19日、「NHKおはよう日本」の公式『Twitter』アカウントが

いま大学で「叱られ方」を教える動きが始まっています。参加したのは春に就職を控えた大学生たち。参加した動機は?正しい叱られ方って何?

とツイート。

“叱られ方”を学べ!
家庭や学校で叱られた経験が少ないと言われる今どきの若者たち。就職してから上司の叱責に悩むケースも。そこで「正しい叱られ方」を大学が教える取り組みが始まっています。

という4分弱の動画がある画面へのリンクを貼った。
そこでは、テキスト解説のリンクも貼られている。

2019年2月19日(火)“叱られ方”を学べ!|おはBiz NHKニュース おはよう日本
https://www.nhk.or.jp/ohayou/biz/20190219/index.html[リンク]

大正大学にて今年4月に入社する大学生たちが「叱られ方」を学ぶ様子が紹介されており、最後に高瀬耕造アナが
「私も打たれ弱いのでよく分かります。叱られ方、そして叱り方も学ばないといけない時代ですよね」
とコメントし、関口博之解説委員が
「そうなんですよね。就職活動で頑張って入社しても、すぐ辞めちゃうというのは、やはりもったいない。講師の方も、『上司が叱るのは成長を期待しているからだと覚えていてほしい』と言っていました。叱られることへの“免疫”は持っていたほうがいいかな、と思いましたね」
と結んでいる。

おはよう日本の上記ツイートには、

「時間の無駄使いにも程がありすぎて日本の終末さえ感じる」
「パワハラを正当化するための表面上の『打たれ強い』人材の育成か…」
「ブラック企業適応講習」
「阿保か。 叱る方(上司)が叱り方(=必要なことを伝える伝え方)を考えるんじゃ」
「まず叱る側が正しくなければ、正しい叱られ方を実践してもマイナスにしかならない。危険」

と、否定的な返信が多数寄せられていたようだ。

※画像は『Twitter』より

Takaの記事一覧をみる

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:[email protected]

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき