ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リッツや麦わら帽子が大活躍!? 日食グラスがなくても金環日食を楽しむ方法

120515komorebi01.jpg

2012年5月21日(月)、関東地方の大部分、東北地方南部、九州地方・四国地方の一部、近畿地方南部、中部地方南部で、太陽がリング状となる「金環日食」が起こります!

みなさん、観測グラスはご準備されていますか? 過去のマイスピ記事でも、観測グラス金環日食関連アプリなどをご紹介していますので、参考にしてみてくださいね。

さて、この日は、空を仰ぐだけでなく、ぜひ地上にも目を向けてみてください!
 
日食時の木もれ日は、太陽が欠けるのと同じ形状になるのです。つまり、今回の「金環日食」時の木もれ日は、リング状になるというわけ。金環日食の投影は、特別な道具がなくても、地面を見下ろせばたくさんのリングを見つけることができるのですから、これは楽しみ!

120515komorebi02.jpg

また「JAXA宇宙教育センター」では、「日食の観察を通して、子どもたちに月や太陽などの天体にもっと興味をもってもらおう」と、「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーンを実施します。

5月21日に起こる金環日食・部分日食の木もれ日を撮影して、同サイトに投稿してみてください! 投稿された写真は、JAXAの公式サイトで紹介予定とのこと(5月21日当日に公開予定)。
参考までに同サイトでは、2009年7月22日の皆既日食時の木もれ日写真が掲載されています。さまざまなアイデアで撮影された木もれ日が、これまたとても面白い! 地面に投影された麦わら帽子や、スナック菓子リッツの穴が、すべて三日月状(部分日食の形)に!

こんな風に、身近なものでいろんな木もれ日をつくってみると楽しそうですね。

photo by Thinkstock/Getty Images
「みんなで木もれ日を撮ろう」キャンペーン

(福島はるみ)



(マイスピ)記事関連リンク
まるで厳かな食事風景のよう!? ブラックホールが星を飲み込む瞬間(動画あり)
5月21日の金環日食までに絶対やっておきたい「新月に願いを叶えるワーク」
デザイン100種類以上! 25年ぶりの金環日食は個性あふれる日食グラスで楽しみたい

グリッティの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。