ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

大手仮想通貨に対応!QRコード決済もできるスマートコールドウォレット「ColdPay SuperCard」

仮想通貨は投機的な部分ばかりが注目されるが、これは日常利用するお金として扱うこともできる。仮想通貨での決済が可能な店で、スマホを介して代金を払う。

だが、この仮想通貨を1枚のカードに一括収納できればどんなに便利だろうか。そのようなコンセプトで開発された「ColdPay」という製品がある。開発者は仮想通貨「Graft」の運営チームだ。

・4つの銘柄に対応

現代のキャッシュカードは、ICチップはもちろんNFCを内蔵するものも珍しくなくなった。ColdPayはこのふたつを同時に備えている。

それだけならば特に目立ったものではないが、ColdPayの場合はBluetooth接続機能とQRコード表示画面も備えている。いざという時はこちらので決済も可能。

本体表面には暗証番号を打ち込むためのキーも用意されている。コールドウォレットだからセキュリティー対策は必須だが、ColdPayの場合はそのあたりの配慮がしっかり行き届いている。

対応銘柄は4つ。Bitcoin、Ethereum、Monero、そして開発者のGraftである。なお、1回の充電で約2時間半の連続使用が可能。インターネットやPCに接続する機能はもちろんなく、オンラインでの残高盗難とは無縁の製品だ。

・6月出荷予定

このColdPayだが、現在クラウドファンディング「Indiegogo」での資金調達を行っている。価格は今年6月に出荷予定のファーストバッチ提供枠が119ドル(約1万3000円)。

なお、9月出荷予定のセカンドバッチ109ドル(約1万2000円)である。早期出荷分のほうが価格が高いという、クラウドファンディングでは珍しい設定であるが、今後が期待される製品である。

Indiegogo

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき