ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

家族で行くとこんなに楽しい!恐妻家ライター5歳一家が初めてのスキーへ

家族で行くとこんなに楽しい!恐妻家ライター5歳一家が初めてのスキーへ

こんにちは! Twitter界最強の恐妻家ライター5歳です。
今回、初めて家族でスキー旅行に行ってきました。目的地は《スキー天国》と言っても過言ではない、越後湯沢にある「かぐらスキー場」です!

「かぐらスキー場」を選んだのは、
小学生以下はリフト券無料で、レンタル用品も豊富
② JR越後湯沢駅から、スキー場や宿へのアクセスが楽々
③ スキー場周辺に、ロープウェイや温泉など、1泊2日飽きずに楽しめるスポットが多い
という3つのポイントがあったから!

超絶寒がり屋の嫁は「雪国に連れて行くなんて、わたしを殺す気か!」と全然乗り気じゃなかったんですけど「美味しいものが食べられるぞ~」「温泉は気持ちいいぞ~」と耳元で囁き続けること1ヶ月、やっとその気になってくれました。

目的のかぐらスキー場へは、JR東京駅から上越新幹線でJR越後湯沢駅まで約1時間30分、そこからかぐらスキー場までは、かぐら・苗場行きバスで約20分の道のりです。

【行程】
初めての家族スキー旅行@越後湯沢
上越新幹線で駅弁を持つテンションがヤバい
トンネルを抜けた瞬間、子どもたちは歓声を上げた
ファミリーで楽しめる! かぐらスキー場
ぜんぶ雪のせいだ。
越後湯沢温泉って最高って話
湯沢高原ロープウェイで山頂のレストランへ
越後湯沢でゴルゴンゾーラチーズケーキという奇跡
旅の締めは温泉で!

はじめての家族スキー旅行@越後湯沢

駅でココアを飲む子どもたち

スキー旅行の朝はいつだって早い。めちゃ早い。

僕の父はスキー大好き人間だったので、冬になるとよくスキー場に連れていかれました。子どもだった僕は深夜に毛布に包まれて、車に乗せられて、そのままスキー場に連れていかれました。それが僕の小さかった頃のスキーの思い出です。

あの頃、父が僕のことを毛布で包んでくれたように、今度は僕が息子たちを毛布で包む番です。
起きたのは深夜3時。寝ぼけてる息子を抱きかかえると、「パパ……まだ夜だけど…」と言う。

駅で温かいココアを渡してあげると「あったけ~あったけ~」と言いながら息子たちは飲んでいました。
筆者家族

東京駅7:05発Maxたにがわの前で、Maxポーズ

初めてのスキー旅行を、息子たちもめちゃくちゃ楽しみにしていました。なので、出発の朝の機嫌が奇跡的に良かった。

特に次男は、写真を撮るときにポーズまでとってくれて「こんな機嫌の良い次男を見たことがない!」と、嫁と感激しました。
旅行なんて子どもの機嫌ひとつでホントにすべてが決まります、滑り出しから最高な気持ちです。

上越新幹線で駅弁を持つテンションがヤバい

駅弁と筆者家族

ポケモン弁当を持つ次男(右)の、このうれしそうな表情を見てほしい。(髪形はフードをずっとかぶっていたので、ピーナッツみたいになっている)
ちなみに僕は世界で一番愛している米沢の駅弁【牛肉どまん中】。
一年中いつでも寿司が食べたい嫁は【北の海鮮鮨】。
そして最近カメラを向けるとイキった表情をするようになった小1の長男は新幹線弁当。(イキってるけど、選ぶ駅弁はしっかり小学生)

窓の外を眺める次男

「パパ! たくさんやまがみえてきた!」と興奮する次男。
「いまから、あの山に行くんだよ!!」と僕が言うと、次男は車窓を眺めながら「どんどんやまが、ちかづいてくる…」と目を輝かせてていた。

そしてしばらくすると小さな声でまた「どんどんやまが…ちかづいてくる…」と、つぶやいていた。

大人になると、すべてのことが当たり前になってしまう。この息子の新鮮な感覚を、僕はうらやましく思う。息子の目には世界がどう映っているのだろうか? その目から見てみたい。

トンネルを抜けた瞬間、子どもたちは歓声を上げた

越後湯沢駅
1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき