ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

岡田准一主演『ザ・ファブル』の追加キャスト解禁!人気キャラのジャッカル富岡&河合ユウキの登場も明らかに

岡田准一の主演で人気コミックを実写化する映画『ザ・ファブル』(6月21日公開予定)の追加キャストとオール出演キャストの集合カットが解禁された。すでに主人公の通称“ファブル”を演じる岡田をはじめ、ヨウコ役の木村文乃、ボス役の佐藤浩市、フード役の福士蒼汰、海老原役の安田顕ら豪華キャストが発表されていたが、さらなる個性派キャストが追加発表された。

同作は、狙った相手を6秒以内に必ず仕留める最強の殺し屋・ファブルが、ボスから「1年間、一般人・佐藤アキラとして大阪で普通の生活を送ること」というミッションを与えられ、もし誰かを殺してしまったら「ボスによって処分される」という条件を突き付けられる…というストーリーだ。

追加キャストとして発表されたのは、木村了、井之脇海、南出凌嘉、好井まさお。加藤虎ノ介、粟島瑞丸、光石研、モロ師岡、六角精児といった個性的な実力派を中心とした面々。ファブルを狙うフードと常に行動を共にしているコード役の木村、海老原の部下でファブルの本当の顔を知ることになる若手社員の黒塩(クロ)役の井之脇、大阪でファブルたちの面倒を見ることになった真黒カンパニー会長・浜田役の光石など、原作の世界観とマッチした顔ぶれが集結している。

また、原作で特に人気の高いキャラクターであるジャッカル富岡とチャラ男の河合ユウキのシルエットが公開され、映画版にも登場することが明らかになった。ジャッカル富岡は、普段は無表情なファブルを得意の一発ギャグで唯一爆笑させることができる原作でも重要な役どころ。河合ユウキは「チャラ男あるある」を駆使してお酒好きのヨウコを口説こうとするも逆に酔い潰されてしまうという、どこか憎めないキャラ。現段階では、劇中でのビジュアルやキャストはシークレットになっているが、誰が実写版を演じるのかとSNSなどで話題を呼んでいる。

岡田准一主演の映画『ザ・ファブル』は6月21日公開予定です。ぴあ Movie Special 最新号:2019 Winter (2018年12月01日発売)
Fujisan.co.jpより

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。