ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『斉木楠雄のΨ難』インタビュー 佐藤二朗「橋本環奈が高校にいたら可愛すぎて男子は正気を保てないでしょ」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 北原里英が映画主演で後輩に見せる“道”「AKB48が夢の通過点では無くゴールになっているからこそ」
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

たった1枚の絵だけが展示された美術館“One Museum”に行ってきた! 音楽を聴きながらONE OK ROCKの新作アルバムジャケット原画を鑑賞する斬新な展示

日本を代表するロックバンド・ONE OK ROCKが2019年2月13日に約2年ぶりとなるニューアルバム『Eye of the Storm』をリリースするのですが、そのアルバムジャケットを世界的なアーティスト・JonOne(ジョンワン)氏が描き下ろししたことで注目が集まっています。

そしてそのPRの一環として、2月9日から3日間限定で東京・表参道に“One Museum”なる美術館が誕生。なんとアルバムジャケットの原画イラスト1点だけが展示される美術館という斬新なコンセプトとなっていました。

筆者は“One Museum”のオープン初日に足を運ぶことができたのですが、当日は朝から雪が降りしきる悪天候。気温は日中でも氷点下に迫るほどの寒さでしたが、会場前から多くのワンオクファンが整理券を求めて集まっていました。

いくら世界的アーティストのJonOne氏の原画が展示されているとはいえ、展示物はたったの1点。そのためにどうしてここまでファンが集まるのか不思議に思う人も多いのでは。実はこの展示にはワンオクファンが足を運ばずにはいられない仕掛けがあったのでした。

会場に入ると来場者に手渡されるのが音楽プレーヤー。2月13日に発売されるニューアルバム『Eye of the Storm』の収録曲から数曲がランダム再生される仕様になっていて、収録曲をいち早く聴きながらアルバムジャケットの原画を鑑賞できる二度とない機会になっていたのです。

しかも音楽プレーヤーで再生できる曲は毎日異なり、3日通うとようやく全曲を聴くことができるという仕様。最高の環境で新作を聴き込むために、毎日足を運ぶファンも少なくなかったのだとか。

そして筆者もイヤホンを装着し、イラストが展示されているスペースへと足を運んでみることに。

広々とした空間を贅沢に使用して展示されているJonOne氏の原画イラスト。鮮やかな色がたくさん使われたイラストは躍動感にあふれ、エネルギーがあふれているのをビシビシと感じます。

このイラストはJonOne氏がONE OK ROCKの楽曲にインスパイアされ、感じた衝撃や感情の動きをそのままキャンバスにぶつけて描かれた作品とのこと。音源を聴きながらイラストを鑑賞することで、本来聴覚でしか感じられない音楽というアートを、視覚でも感じながらONE OK ROCKの世界観に没頭できるような気がしました。

力強い楽曲の数々で日本の音楽シーンに爪痕を残し続けてきたONE OK ROCKですが、今回の取り組みもまた新たな1ページを刻んだといえるのではないでしょうか。

今回の“One Museum”には足を運べなかったというファンも多いかと思いますが、ぜひアルバムのジャケットを眺めながら作品を聴き、ONE OK ROCKとJonOne氏の作品が放つエネルギーを全身で堪能してみてください。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy