ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

知られざる国?スルプスカ共和国を訪れよう 

今回はスルプスカ共和国を紹介します。とは言っても「スルプスカ共和国」と聞いてピンと来る方は少ないでしょう。スルプスカ共和国はボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のひとつです。ぜひ、この記事を参考にしてスルプスカ共和国に立ち寄ってみましょう。

 

そもそも、スルプスカ共和国とは?

Photo by 新田浩之

先ほども書いたとおり、スルプスカ共和国はボスニア・ヘルツェゴビナを構成する構成体のひとつです。まずはボスニア・ヘルツェゴビナの位置を確認しましょう。ボスニア・ヘルツェゴビナはバルカン半島にある国。1992年にユーゴスラビアから独立しました。

ボスニア・ヘルツェゴビナにはボスニア人、クロアチア人、セルビア人が住んでいます。スルプスカ共和国はセルビア人が多く住むエリアを領土にし、ボスニア・ヘルツェゴビナの49%を占めています。

一応、ボスニア・ヘルツェゴビナに属しますが、独自の旗、独自の歌、そして独自の大統領がいるのが特徴。事実上のスルプスカ共和国の「首都」はバニャ・ルカです。

 

ちなみに「スルプスカ」とは「セルビア人」を意味し、きちんと訳すと「セルビア人共和国」になります。ただし、この表記にすると隣国の「セルビア共和国」と間違えるため、「スルプスカ共和国」と表記することが多いようです。

 

スルプスカ共和国のおすすめスポット

Photo by 新田浩之

日本語で書かれたボスニア・ヘルツェゴビナのガイドブックを見ると、サラエボやモスタルが出てくると思います。サラエボ旧市街やモスタルはボスニア・ヘルツェゴビナ連邦に属します。一方、スルプスカ共和国はボスニア・ヘルツェゴビナ連邦側と比べるとマイナーかもしれません。

 

その中で、おすすめしたいのがセルビア国境に近いヴィシェグラードという町です。ヴィシェグラードにはドリナ川が流れ、ドリナ川には世界文化遺産に登録されているソコルル・メフメト・パシャ橋が架かっています。

16世紀につくられたソコルル・メフメト・パシャ橋と周辺の山々との組み合わせはまさしく絶景!ヨーロッパというよりは中東、アジアのような景色です。

Photo by 新田浩之

文学が好きな方はノーベル文学賞を受賞したイヴォ・アンドリッチに注目しましょう。アンドリッチはソコルル・メフメト・パシャ橋を題材にした小説『ドリナの橋』で一躍有名になりました。実はアンドリッチはヴィシェグラードの出身。ヴィシェグラードにはアンドリッチの住居もあります。

なお、このような美しい景色を見ると、トレッキングにチャレンジしたくなる旅人もいるでしょう。ですが、単独でのトレッキングは考えもの。山中には1990年代に埋められた地雷が残っている可能性があります。トレッキングをしたい方は現地でガイドを雇うか、現地ツアーに参加することをおすすめします。

ヴィシェグラード&スルプスカ共和国へのアクセス

photo by shutterstock

ヴィシェグラード並びにスルプスカ共和国へはセルビアの首都、ベオグラードから出ているバスが便利。ベオグラード~ヴィシェグラード間は約6時間です。

注意したいのがサラエボからアクセスする場合。サラエボからヴィシェグラードへ向かう際は、スルプスカ共和国に属する東サラエボバスターミナルから出発します。サラエボ駅近くにあるバスターミナルからは出ません、ご注意ください。

サラエボの中心地から東サラエボバスターミナル方面へのバスはありますが、終点からバスターミナルまで少し歩きます。したがって、タクシーで直接行くことをおすすめします。

 

スルプスカ共和国の通貨について

スルプスカ共和国は独自の旗や歌はありますが、独自の通貨はありません。スルプスカ共和国の通貨はボスニア・ヘルツェゴビナの通貨「兌換マルク」です。ただし、柄はボスニア・ヘルツェゴビナ連邦側と異なります。

なお、ヴィシェグラードはセルビア国境に近いせいか、セルビア・ディナールも使えました。それでも怪訝そうな顔はされましたが。なお、ヴィシェグラードクラスの町ではクレジットカードが使いにくいのでご注意を。

 

ヴィシェグラード&スルプスカ共和国の宿泊施設

スルプスカ共和国に限らずですが、旧ユーゴスラビア諸国では民泊「SOBE」に泊まってみましょう。「SOBE」では地元の方の生活ぶりが学べます。なお「SOBE」は中心から外れている場合が多いので、夜にチェックインする際は入念に行き方を確認しましょう。

 

スルプスカ共和国の注意点

Photo by:新田浩之

スルプスカ共和国を含むボスニア・ヘルツェゴビナは1992年~95年にかけて、民族紛争を経験しました。今でもボスニア人、クロアチア人、セルビア人の民族融和は進んでいるとは言い難い状況です。民族や紛争のことを質問する際は最大限の配慮を忘れずに。できれば、事前に軽く勉強するといいでしょうね。

関連記事リンク(外部サイト)

群馬観光でおすすめの絶景13選
「WHY JAPANESE PEOPLE!?」外国人から見た日本の紹介動画まとめ
初心者におすすめ!日帰りで楽しめる関東のハイキングコース16選
きっとあなたが知らない「セネガル」

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。