ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

時代を超えて愛される街。伝統とロマン感じる冬の会津・大内宿へ

お店の外観に、とにかく風情があるのです。私はカメラが好きなので、シャッターを切る手が止まらない……!

中には「昭和なつかし館」なんて名前の、「THE・レトロ! 」みたいなお店もありました。お店の外で地元の方が談笑されていたりして、なんだかよいなぁ、なんて思いながら通り過ぎたり。

七日町通りのお店のショーウィンドウ

ヒメリンゴの実が豊かに実るなど、自然の豊かさにも癒やされながら歩けるお散歩道でした。

ヒメリンゴの木

野口英世ゆかりの洋館でひと休み

七日町通りをまっすぐ行くと、今度は「野口英世青春通り」にぶつかります。じつは、七日町は書生時代の野口英世が暮らした町で、今も野口英世ゆかりのスポットが残っている場所なんです(野口英世は、言わずと知れた1,000円札の肖像画の人ですね)。

そして、その通りの代表格の観光スポットとなっているのが、こちらの建物「會津壹番館(あいづいちばんかん)」。
會津壹番館の入り口

野口英世ゆかりの建物を利用したこちら。1階が喫茶店「會津壹番館」、2階が資料館「野口英世青春館」になっている

今日は1階のカフェへ! ここでは、野口英世が愛した中米産のコーヒーや、会津産の素材を用いたスイーツなどが、ゆったりした雰囲気の中で楽しめます。
會津壹番館の店内

會津壹番館の店内

この日は、オススメの「メキシココーヒー(税込540円)」と「会津の酒粕プリン(税込432円)」をオーダー。素朴な味わいが体と心を満たしてくれます。

あと、マグカップが野口英世のイラストになっていて、とってもかわいかった……!

メキシココーヒーと酒粕プリン

時間を忘れてゆっくりできるお店でした。オススメ。

東山温泉で自家源泉掛け流しの湯に癒やされる

おなかもいっぱい、散策も満足した頃には、そろそろ夕暮れ。今日の疲れを癒やしに、温泉宿へと参りましょう。

この日向かうのは、七日町から車で17分ほどの場所に位置する、川沿いの温泉郷「東山温泉」。

東山温泉の看板
東山温泉

川辺に宿が反射する美しい風景。到着してすぐに迎えてくれました……!

宿泊は、約1300年の歴史ある東山温泉の中でも珍しい、「自家源泉保有の宿」として有名な旅館「会津東山温泉 原瀧(はらたき)」へ。

清流湯川の真横に位置するこちら。対岸の渓流美と川のせせらぎに包まれながら、24時間いつでも自家源泉掛け流しの温泉が楽しめるお宿とあって、雰囲気がとてもいい……!
女性専用露天風呂

女性専用露天風呂(写真提供:原瀧)

「貸切展望風呂」も、源泉掛け流しの贅沢なお風呂。50分間(税込2,160円)の予約制で、プライベートの温泉を満喫できます。4種類あり、こちらは「滝見の湯」。
滝見の湯

貸切展望風呂「滝見の湯」(写真提供:原瀧)

早めの温泉を楽しんだ後は、お楽しみの夕食です。

夕食のバイキング
前のページ 1 2 3次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき