ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ボクシング】中村優也、井上尚弥の対抗王者ガバリョにTKO負けもフリーランス続行宣言(試合動画あり)

リスクを背負った戦法がKOされることに繋がってしまった中村(手前)

 2月9日(土)フィリピンのマニラ郊外にある『ミダスホテル アンド カジノ』でWBA世界バンタム級暫定王者のレイマート・ガバリョ(21=フィリピン)とのノンタイトル10回戦に臨んだ「フリーランス・ボクサー」の中村優也(28)は、帰国後、2R TKO負けに完敗を認めながらも、今後も無所属のポリシーを守って、選手活動を続けていく意欲を口にした。
 中村は試合前、2011年、27戦全勝(24KO)の有望株だったジェームス・カークランド(アメリカ)をすでに39歳だった石田順裕(グリーンツダ)が初回に大番狂わせでKOした試合を例に挙げ、「勝つなら立ち上がりだと思っている」と燃えていたが、試合では自身にもリスクの高い距離に入ってカウンターを狙うも、ガバリョはそれを外す頭の位置や足のポジショニングも冴え、中村は1Rから2度のダウンを奪われた。
前日計量で向かい合いファイティングポーズをとる両者(@yuustagram_0504)

 2Rに左フックで3度目のダウンを喫した後、レフェリーが続行を認めず決着。「王者は何枚も上手(うわて)だった」と認めた中村だが、「プロ加盟したジムに所属していなければコミッション(JBC)に選手活動を認めてもらえない」という日本のルールに則らず、今後も外国人扱い(フィリピン・ライセンス)で戦っていく“フリーランス”のスタイルを続行したいと語った。
 勝ったガバリョは現在WBAバンタム級暫定王者。同級正規王者の井上尚弥(大橋)とも近い将来対戦が期待されている。今回勝利し、戦績を21戦21勝18KO無敗と、KO率を86%に伸ばした。
写真:(c)Yasushi Obe

関連記事リンク(外部サイト)

【ボクシング】“モンスター”井上一家、親子3人同時受賞
【ボクシング】W受賞の田中恒成、将来は海外試合、日本人初の4階級制覇も視野
【ボクシング】敵地で井上尚弥の対抗王者と戦う、フリーランス・ボクサー中村優也という存在

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。