ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【KNOCK OUT】韓国の鉄拳RISE王者リーが森井洋介をKO

リー(左)が森井から3度のダウンを奪いKO勝利

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」』
2019年2月11日(月)東京・大田区総合体育館
▼メインイベント KING OF KNOCK OUT ライト級アジアトーナメント準決勝 3分5R
●森井洋介(30=GOLDEN GLOBE/初代KING OF KNOCK OUTライト級王者)
KO 2R 1分21秒 ※3ノックダウン
○チャンヒョン・リー(26=韓国/RAON GYM/第5代RISEスーパーフェザー級王者)
 森井は2018年10月の1回戦でキヨソンセン・FLYSKYGYM(タイ)を延長戦の末に左ボディブローでKOして突破、リーは12月の1回戦で町田光に縦ヒジによるカットでTKO勝ちして今大会にコマを進めた。両者ともKOパンチャーだけに激しいパンチの打ち合いとなりそうだ。
 1R、森井は左ローとボディブロー、リーは右ローと左フックの連打を繰り出す。お互いにパンチとローを強く打ち合い、左フックの相打ちも見られる。終盤、リーのアッパーと右ローにグラつく森井。蹴ろうとした森井は軸足が定まらないほど左足にダメージを受けた。
 2R、森井が足を止めての打ち合いを挑むとリーもこれに応じる。両者のパンチが交錯し、リーの右からの左フックで森井はダウンを奪われる。そして3連打の左フックで腰から崩れ落ちて2度目のダウン。最後はリーの右ローで動きが止まり、続く連打で森井はマットに沈んだ。
 リーが圧倒的な強さを見せ付けてのKO勝ち。アジアトーナメントの決勝戦はヨードレックペットvsリーのタイvs韓国、KNOCK OUT王者vsRISE王者で争われることとなった。
※全試合結果はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【KNOCK OUT】2度のダウンを奪われたタネヨシホが最終Rに大逆転KO勝ち
【KNOCK OUT】重森陽太が髙橋一眞に競り勝つ
【KNOCK OUT】激闘王チョークディーがヒジでダウン奪う、大崎一貴善戦も届かず

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。