ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

【KNOCK OUT】重森陽太が髙橋一眞に競り勝つ

右ミドルを蹴る重森

キックスロード
『KNOCK OUT 2019 WINTER「THE ANSWER IS IN THE RING」』
2019年2月11日(月)東京・大田区総合体育館
▼第3試合 61.5kg契約 3分5R
●髙橋一眞(24=NKB・真門ジム/第15代NKBライト級王者)
判定0-3 ※49-50、48-49、48-49
○重森陽太(23=新日本キック・伊原道場稲城支部/第9代日本フェザー級王者)
 前口太尊の欠場で急遽出場が決まった重森。昨年12月、アジアトーナメント1回戦でボルドバートルにまさかのKO負けで敗退を喫し、これが再起戦となる。高橋はアグレッシブな試合で観客を沸かせる高橋三兄弟の長男。昨年8月、ヨードレックペットに善戦した。
 1R、高橋のローに重森は左ミドル。両者とも蹴りが強い。高橋は左フックからの右ストレートで突っ込む。重森が左ボディブローをクリーンヒットさせてパンチをまとめ打ちにいくが、高橋も強打を返して危ない場面も。
 2R、重森は強い左ミドルと右ロー、高橋は右ストレートと左ローで攻める。重森の右ローに身体が泳ぐ場面もあった高橋だが、前へ出てアグレッシブな姿勢を見せる。
 3R、完全に高橋のパンチvs重森の右ローという図式となり、高橋は重森の蹴りに右ストレートを合わせに行く。重森は高橋がパンチを連打してくると左フックを返す。
 4R、じわじわと右ローでダメージを与えていく重森に高橋は右ヒジで応戦。高橋の強打のワンツーをもらう重森だが、冷静に右ミドルと右ローを蹴っていく。
 5R、左右ミドルを蹴る重森を高橋の右強打が襲う。左右連打から左ハイをかすめた高橋だが、重森の右ローにバランスを崩す。それでも前へ出る高橋に重森は右ミドルを蹴る。
 勝敗は判定に持ち込まれ、重森が僅差で高橋を振り切った。
※全試合結果はこちら

関連記事リンク(外部サイト)

【KNOCK OUT】2度のダウンを奪われたタネヨシホが最終Rに大逆転KO勝ち
【KNOCK OUT】激闘王チョークディーがヒジでダウン奪う、大崎一貴善戦も届かず
【KNOCK OUT】緑川創がトップの証明、北斗拳太郎を退ける

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき