ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ディズニークルーズ全4隻乗り比べ!航路から船の特徴まで徹底解説

ディズニークルーズ全4隻乗り比べ!航路から船の特徴まで徹底解説

ディズニー好きなら「ディズニークルーズ」の存在を見聞きしたことがあるのではないでしょうか。ディズニーが所有する豪華客船、ということは知っている人も多いかもしれません。

現在、世界には4隻のディズニークルーズがあります。それぞれの船にはどんな違いがあるのか、どんな航路があるのか、どんなポイントでクルーズ旅行を選べばいいのか?4隻すべての船に乗船経験のある筆者が、それぞれの船や航路の特徴をお伝えします!

 

ディズニーマジック号(1998年就航、客室数2400)

一番最初にできたディズニークルーズの船で、外観の後ろ側にはグーフィーが、船のロビーにはミッキーの銅像がシンボルとしておかれています。3つのローテーションダイニング(レストラン)とビュッフェレストラン、PALOというイタリアンレストランが入っています。

ローテーションレストランのうち、2018年に新しくオープンした「ラプンツェル・ロイヤル・テーブル」は、ランタンなどラプンツェルのお城のボールルームをイメージした室内で、食事を楽しみながら生演奏と生歌のディナーショーが楽しめるので、ラプンツェルファンは必見です!

夏はヨーロッパクルーズ、冬はマイアミ発着のカリブ海クルーズが中心となっています。夏季のヨーロッパクルーズで多いのはバルセロナ発着を中心とした地中海クルーズです。

筆者は7泊8日で、バルセロナ~イタリア3都市(ナポリ、ローマ、ピサ)、南仏1都市(カンヌ)と周遊する航路に乗りました。ナポリとローマにはディズニーストアがあるので、ディズニー好きなら現地観光でついでに立ち寄りたいポイント!

これ以外にも、ノルウェー(アナと雪の女王のモデル!)からロシアのサンプトペテルブルクを巡る北欧クルーズなども人気です。それぞれの寄港地にあわせて、キャラクターの衣装が変わるのも、クルーズならではの楽しみのポイント。

冬季はフロリダ州マイアミ発着で、ディズニー所有の無人島キャスタウェイケイに寄港する、3~5泊の航路が近年中心となっています。

 

ディズニーワンダー号(1999年就航、客室数2400)

3つのローテーションダイニング(レストラン)とビュッフェレストラン、PALOが入っています。

筆者はPALOのシャンパンブランチに参加しました。こちらは18歳以上のイタリアンレストランで、ブランチとディナーは要予約です。ちょっと優雅な時間を楽しみたい方にはオススメ!

夏季はバンクーバー発着のアラスカクルーズや、サンディエゴから太平洋側のメキシコの都市に寄港したりと、北米が拠点ではありますが、アメリカ大陸の西側を周遊する航路がメインとなっています。

筆者はロサンゼルス発着のメキシコに行く7泊8日のクルーズに乗船しました。テキーラ発祥の都市を訪れたり、カボ・サンルーカスというアメリカのセレブが多く別荘を構えるリゾート地を訪れたりしながら、メキシコの雰囲気を楽しむことができました。

ミッキーとミニーもメキシコのコスチュームでグリーティング!近年主流となっているバンクーバー発着のアラスカクルーズでは、流氷を見ることができたりと、他の寄港地とは全く違った楽しみ方ができます。外は寒いので、しっかり暖かい洋服を持参しましょう。

冬季はカリブ海のクルーズがメインとなります。航路によっては人気のキャスタウェイケイに寄港することも。選ぶ前にチェックしてみましょう。

ディズニードリーム号(2011年就航、客室数4000)

フロリダ州ケープカナベラル発着、3泊4日または4泊5日の短いクルーズが中心のディズニードリーム。これまでの船2隻が11階建てなのに対し、ディズニードリームからは14階建てとなっており、収容人数も大きく増えています。

船上にある「アクアダック」というウォータースライダーが大人気!世界でも珍しい船上のウォータースライダーで、浮き輪に乗って船上のコースを一周します。チューブは途中で透明になり、海の上を通過する部分はスリル満点!混雑期の日中は待ち時間が発生するほどなので、乗船したらぜひ一度体験してみてください。

また、一番狭い部屋は船の内側にあるのですが、「バーチャルウィンドウ」という仕組みで外の様子がライブカメラで映るだけでなく、時々ディズニーキャラクター達が窓にやってくることも!?

ディズニードリームは、近年は3泊4日または4泊5日のケープカナベラル発着、キャスタウェイケイとナッソー(バハマの首都)に寄港するという航路が主流となっています。

年間を通して短めの航路の設定をされているため、日本人の観光客の利用率が最も高いクルーズであるともいえます。予約の際、代理店によっては、ディナーで相席するメンバーを日本人にしてもらうようリクエストをすることもできます。ディズニークルーズ初心者におすすめの船&航路です。

 

ディズニーファンタジー号(2012年就航、客室数4000)

フロリダ州ケープカナベラル発着、7泊8日のカリブ海クルーズが中心のディズニーファンタジー号。長い船旅を楽しむために、船内設備も充実しています。

前述のアクアダックの他、映画「レミーのおいしいレストラン」をモチーフにしたフランス料理のコース料理が楽しめるレストラン「レミー」も人気です。こちらは18歳以上の大人限定、ランチとディナーに予約ができます。(追加料金が必要)

筆者はシャンパンブランチを予約しましたが、食べきれないほどのボリュームのコース料理に大満足!

航路は西カリブ海と東カリブ海がメジャーですが、最近では南カリブ海などバリエーションも増えています。筆者は東カリブ海クルーズに乗船しました。この航路は、飛行機を頭上で見られる絶景ビーチがあるセントマーチン島や、カリブ海最古の建物が現存するセントトーマス島などに寄港する人気のルートです。

 

クルーズ船&客室選びのポイント

マジック号とワンダー号は、夏季はそれぞれ独自の航路があるため、寄港地の観光を楽しみたい方はその行き先を見て決めるのがいいと思います。初めての人が迷うのが、ケープカナベラル発着の短期間クルーズで船が複数ある場合。

ドリーム号は通年でフロリダ発着、ナッソー&キャスタウェイケイに寄港、というパターンのクルーズが主ですが、冬季は同じようなスケジュールでワンダー号も加わるため、どちらにしようか悩む人も多いかもしれません。

マジック号とワンダー号を選ぶメリットの1つは、客室規模が小さいため混雑が比較的少ないということ。船内の規模は客室数に比例していますが、キャスタウェイケイに寄港するときはそのメリットを感じることが多いのではないでしょうか。

 
また、ワンダー号とマジック号だけの特色として、船上で行われるパイレーツパーティーで空飛ぶミッキーが見られます!

ドリーム号とファンタジー号にもパイレーツパーティーはありますが、この演出は見られません。ドリーム号とファンタジー号を選ぶメリットは、客船が比較的新しいということと、前者の2つの船にはない施設がいくつか船内にあること。


All photo by maho

船内探索をしていて楽しかったのは、船内の壁に飾ってある動く絵!一見すると普通の絵なのですが、絵の前に立つとセンサーを感じ取って、その絵が動くのです。それを利用した船内ゲームもあり、各階の広い船内のあちこちの絵を探して歩きまわるので、運動不足になりがちなクルーズ旅行でも楽しく動き回ることができます。

この絵とゲームはファンタジー号にもあるので、長い船旅の間にぜひ遊んでみたいところです。

 

さらに新しい船&航路が増える予定!

2021年〜2023年にはさらに3隻増える予定!どんな船になるのか、どんな航路が増えるのかは、ディズニークルーズ公式サイトの発表を待ちましょう。今からわくわくしますね。

関連記事リンク(外部サイト)

赤ちゃんが泣くと、飛行機内のみんなが笑顔に?1日限定の驚きのフライトがあった!
約100ヶ国旅した私が心からおすすめしたい!魅力溢れるエルサレム旧市街地とベツレヘム
在住者おすすめ!メキシコ・プラヤデルカルメンで訪れたいレストラン6選
旅があなたの短所を長所に変える理由

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。