ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!

葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!
何かの研究を進めるうちに、全く別の思わぬ成果をを得られることは時々耳にします。2019年1月、イギリスの研究者チームが、「ドラウプナー波」の発生メカニズムを研究しているうちに「世界一有名な波」に酷似した波を再現することに成功したのだそう。どういうことなのか、一緒に見てみましょう。

伝説の大波「ドラウプナー波」

葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!
今回注目されたのは、イギリスのオックスフォード大学とエディンバラ大学の「ドラウプナー波」(Draupner wave)研究チーム。ドラウプナー波は、長い間「伝説の大波」として神話あつかいされていましたが、1995年に北海沖の石油掘削プラントで25メートルの高さの波が観測されたことから実在が証明された大波です。研究スタート後も、発生の予測が難しく前触れなしに突然起こるので、海難事故の原因になりうると危惧されていました。

「世界一有名な波」とそっくりな波

葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!
※画像はイメージです

そんな中、前述のイギリスの研究者チームがこの大波の発生メカニズムを解明し、実験室でドラウプナー波の再現を実施しました。2つの小波を装置で発生させ、波の「交差角」を変えていくことで、大波の再現に成功できたのだそう!(ちなみに交差角度が120度の時に大波が発生するとされています)

その際に研究者たちを驚かせたのが、現れた大波の姿。なんとそれが、「世界一有名な波」とも言われる、葛飾北斎の浮世絵「神奈川沖浪裏」(かながわおきなみうら)に描かれた波とそっくりだったのです!

研究室で再現された波は、こちらのリンク先の動画で見ることができます。確かに波の立ち方や飛沫の様子までそっくりですね。

研究チームは、「研究室でドラウプナー波を再現することで、この現象の(まだ解明されていない)潜在的なメカニズムを理解するために一歩近づきました。」とコメントしています。このまま研究が進んで、この大波による海難事故を防げるようになって欲しいものです。

葛飾北斎と波

葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!
葛飾北斎は若いころから絵の題材として「波」という存在にこだわり、何枚もの作品を残しています。けれど初期の作品の波は「ドラウプナー波」の波には程遠く、迫力もそれほどありませんでした。自分の描く波に納得できなかった北斎は、真摯に波と向き合い観察を重ね、ついに70歳前後になってから「神奈川沖浪裏」を描けるようになったのだそう。理想の波を探しているうちに、北斎は「ドラウプナー波」を目撃したのかも……なんて想像してしまいますね。

ちなみに葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」は、現在開催中の「新北斎展」で展示されています。海外でも広く知られる北斎の芸術に、この機会に接してみてはいかがでしょうか。
 
「新北斎展」
https://hokusai2019.jp/
会期:2019年1月17日(木)~2019年3月24日(日)
会場:森アーツセンターギャラリー
※休館日:2月19日(火)、2月20日(水)、3月5日(火)

[All Photos by Shutterstock.com]
[‘Great Wave’ depicted in Hokusai’s masterpiece recreated by scientists]
[Reproduite par hasard en laboratoire, la vague d’Hokusai était bien scélérate]
[新北斎展]
葛飾北斎もびっくり?「世界一有名な波」の再現!

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy