ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

【魅惑グルメ】台湾そのものの味が堪能できる「東京豆漿生活」オープン / 特に豆乳は神域の味

tokyo-taiwan5

ほんのりと心地よい甘さ、絶妙な粘りのある温かい豆乳。そこにカリッカリもちもちの油条を浸し、たっぷりと投入を染み込ませてから豪快に食べる。台湾好きが美味しい時間を過ごしたいとき、これ以上の幸せがあるだろうか。

・台湾グルメが堪能できる「東京豆漿生活」
東京都品川区のJR五反田駅から徒歩3分ほどの場所に、台湾グルメが堪能できる「東京豆漿生活」(東京都品川区西五反田1-20-3)が開店した。壁はほぼガラス張りで開放感がありながら、ビルの年季が昭和の雰囲気を感じさせる。

tokyo-taiwan3
tokyo-taiwan2
tokyo-taiwan1
tokyo-taiwan4
tokyo-taiwan8
tokyo-taiwan7

・作り方は本場と同じで手抜きなし
台湾の菓子やパン、そして本場の豆乳を堪能できるこの店は、持ち帰りもイートインも可能。なにより豆乳は消泡剤を不使用で、作り方も本場と同じで手抜きなし。現地人が現地で飲んでいる豆乳の味をそのまま堪能できるのである。

・神域に到達したと言えるほど美味
今後、どんどんレパートリーが増えていくそうなので、台湾スイーツもいろいろと楽しめるようになるのではないだろうか。油条と豆乳の組み合わせは台湾料理として鉄板だが、特に豆乳は、温かい黒糖豆乳が神域に到達したと言えるほど美味だった。

tokyo-taiwan5
tokyo-taiwan
tokyo-taiwan6

もっと詳しく読む: 台湾そのものの味が堪能できる「東京豆漿生活」オープン / 油条と豆乳(東京メインディッシュ) http://main-dish.com/2019/02/10/tokyo-doujiang-seikatsu/


住所: 東京豆漿生活
時間: 東京都品川区西五反田1-20-3
休日: 要確認

東京メインディッシュの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき