ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

骨伝導で音楽を楽しめるサングラス「IRONPEAK COAST」はアスリートの味方!

スポーツをしながら音楽を聴きたいという人は意外と多いはずだ。ただ、スポーツをしている最中は周囲の音を聞きとる必要もあるだろう。

そんなときに助かるのが耳を塞がなくてもよい骨伝導イヤホンだ。今回紹介する「IRONPEAK COAST」は一見普通のサングラスであり、骨伝導で音楽も楽しめる一石二鳥なデバイスだ。

・音楽鑑賞だけでなく通話も可能

重さ46gのこのサングラスは、振動で直接音を伝達させる骨伝導方式を採用している。つまり、耳の穴を塞がず周囲の音を同時に聞きとりながら音楽を楽しむこともできるということだ。

スマホとBluetoothで連携させれば、サングラスをかける要領で音楽も聴けるようになる。マイクも搭載されているので、電話に出て通話をすることも可能だ。なお、レンズは度入りやカラーも含めてさまざまな種類が用意されている。

・バッテリー切り替えも簡単

フレームの先端は取り替え可能なバッテリーとなっており、左右を合わせれば1回の取り替えで連続5時間の音楽再生が可能とのこと。専用のポータブル充電ケースも用意されているので、長く使う際にも安心だ。

これで、音楽を聴きながらテニスやサイクリング、ランニングをすることも可能になる。多少フレームがごつめなのと、音質が気になるところ。

IRONPEAK COASTは今ならKickstarterにて105ドル(約1万1530円)から出資注文が可能だ。音楽好きのアスリートはぜひ検討してみては?

執筆:Doga

IRONPEAK COAST/Kickstarter

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。