ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【ボクシング】W受賞の田中恒成、将来は海外試合、日本人初の4階級制覇も視野

年間最優秀試合賞の木村(左)と田中(右)

 2月8日(金)に都内のホテルで開催されたプロボクシングの2018年年間優秀選手表彰式で、年間最優秀試合に昨年9月24日に名古屋の武田テバオーシャンアリーナで行われた田中恒成(23=畑中)vs木村翔(30=青木)のWBO世界フライ級タイトルマッチが選ばれた。
 この試合は両者一歩も引かぬ大激闘となり、12R判定(2-0)で挑戦者の田中が勝利して新王者に。田中はすでにWBOのミニマム級とライトフライ級の世界王座を手にしているので、この勝利により、ワシル・ロマチェンコ(30=ウクライナ)と並ぶ、世界最速タイのプロ12戦目での3階級制覇を達成した。
 今回の表彰式で田中は技能賞も受賞し、W受賞。3月16日には地元・岐阜のメモリアルセンターで初防衛戦を行う。挑戦者は元WBA&IBF世界ライトフライ級王者・田口良一(32=ワタナベ)だ。
 田中は田口について「総合力の高い選手。相手が強いほど力を発揮する選手なので、厳しい試合になる」と、前回の木村戦同様、激戦になることを予想した。
田中(左)と木村がクロスカウンターを狙い合い、拳が交差する

「前回のタイトルマッチは、全国放送がありませんでしたが、今度は夕方からですが、全国放送があるんで」と、全国的に知名度を上げんと意欲を燃やす。
 いや、田中の野望は日本だけにとどまらない。今後、海外でもタイトル戦をしていきたいか、と尋ねると、「もちろん!」と即答した。
「今はネットがあるので、いい試合をすれば、世界から注目される。そのためにも、いい試合をして世界中の注目を集めたい」

 木村翔は中国を主戦場に、伊藤雅雪(帝拳)は昨年アメリカで王座に井上尚弥(大橋)も一昨年アメリカで試合し今年はWBSSで海外戦を予定されているなど、海外での日本人の活躍が増えてきている。
次の相手・田口は元2団体統一王者

 しかし、そのためにも、まずは元2団体統一王者・田口を倒す必要がある。両者はかつて、2017年9月に対戦予定だったが、田中の眼窩底骨折のため流れた過去がある。
 海外で対戦したい相手を聞くと「海外には強い選手はたくさんいる。来年には階級を上げることも考えているが、今は田口戦に集中している」とコメント。
 果たして激戦が予測される田口戦を乗り越え、海外での試合、日本人初の4階級制覇実現となるか。

関連記事リンク(外部サイト)

【ボクシング】“モンスター”井上一家、親子3人同時受賞
【ボクシング】敵地で井上尚弥の対抗王者と戦う、フリーランス・ボクサー中村優也という存在
【ボクシング】井上岳志、接近戦挑むも王者ムンギアの牙城崩せず

イーファイトの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。