ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 性別や年代によって楽しみ方が変わる映画『妻ふり』 榮倉奈々&安田顕インタビュー
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

イラスト投稿サイトを“ゲームエンジンとして使う”とは?「pixivファンタジア」主催のarohaJ氏に聞く

イラスト投稿サイトpixivでは、お題に沿ったイラストを投稿するテーマ企画など、ユーザー発の企画が盛んに行われている。そのうちの定番の一つであり、10年以上続けられているのがファンタジーイラストの投稿企画「pixivファンタジア」だ。2008年の1月に第1回が開催され、以後は年に1~2回ペースでシリーズとして開催されている。

pixivファンタジアではシリーズの各作品ごとに世界地図や国家の概要といった舞台設定とストーリーが示され、これに沿ったイラストを投稿する。そして大きな特徴として、国ごとに覇権を争うなどイラストの閲覧数をベースとしたゲーム要素が存在する。pixivファンタジアの“ゲームデザイン”はシリーズを重ねながら進化を続け、11年目を迎え2月1日に始まった最新企画「pixivファンタジア Last Saga」ではpixiv公式が開催協力を行い、今まで以上に本格的なゲーム要素が実装された。

pixiv-fantasia-ls-key-visual
「pixivファンタジア Last Saga」メインビジュアル

今回もぐらゲームスでは、pixivファンタジアの主催者で、インディーゲーム開発者でもあるarohaJ氏に話を伺った。これまでの振り返りや「Last Saga」の見どころ、また氏の本企画に対する想いなどを紹介していきたい。(ちなみにarohaJ氏が制作したフリーホラーゲーム『FS』のもぐらゲームスでの紹介記事はこちら。)

10年以上にわたり続けられてきたイラスト投稿企画

pixivのサービス開始は2007年9月。pixivファンタジアの初回開催が翌年1月と、本作はまさにpixiv黎明期からの企画となっている。arohaJ氏によると、pixivの中で新しいことをやろうという動きがある中で特定のテーマのイラストを描く企画がいくつか上がっており、それを見て『面白そうだな』と思ったのが最初のきっかけとのこと。そして何より同氏がpixivに惹かれたのは閲覧数やブックマーク数など、イラストレーターが個々のサイトでのみ活動していた時代にはなかった共通の指標が存在する点で、これを『ゲームエンジンとして使えないか』ということからpixivファンタジアという企画を生み出したのだという。

企画の題材としてファンタジーを選んだのは、もともと「指輪物語」のようなハイファンタジーや「ロマンシング サ・ガ」などスーパーファミコン時代のRPGが好きだからとのこと。『指輪物語は映画の「王の帰還」も好きで、あの長い映画を映画館で3回くらい観ましたね』と笑いながら語ってくれた。その延長として歴史も好きで、実際の歴史上の出来事がpixivファンタジアのストーリー制作においてヒントになることもあるという。

こうしたバックグラウンドのもと開始されたpixivファンタジアだが、シリーズを重ねるごとに試行錯誤が行われ、“ゲームデザイン”が固まっていった。

現在のおおまかなルールとしては、2カ月程度の開催期間をいくつかの章に分け、章ごとに複数の「戦場」を設定。参加者は任意の勢力での参戦を示すタグを付けて作品を投稿し、タグごとの閲覧数で各戦場の勝敗が決まる。その結果によってストーリーが展開し、新たな戦場にイラストが投稿され……という流れで、最後の結果をもってストーリーが完結するという形だ。勝敗に応じ国の占領などが発生して勢力分布が移り変わっていくほか、ストーリー展開のために用意されたNPCが戦死することもある。

pixiv-fantasia-ls-system
pixivファンタジアの基本的なゲームデザイン(画像は「Last Saga」のもの)

言わば「プレイヤー」である投稿者達の手により展開が変化するマルチシナリオとも言えるものだが、ストーリー執筆も自ら行うarohaJ氏によると、プロットはある程度先まで、複数の展開分用意されており、章の決着がついたところで結果に応じたものが実際に執筆されることになるという。実現しなかったプロットが表に出ることはなく、まさに参加者達によって歴史が選択されていくというのがゲーム的に面白いポイントだ。

企画への参加の仕方は参加者によってさまざまで、自分のキャラクターで漫画を描いたり、イラストのキャプションでストーリー展開をさせる人も。公式のストーリーはありつつも自分のストーリーを作れる、かつ他の投稿者のキャラクターを自由に借りて二次創作してもよいことになっているのも本企画の売りだという。参加者間でギルドを組み、例えば騎士団の制服など共通のモチーフでイラストを投稿するといった「企画内企画」も自然と生まれて来たとのこと。そういった盛り上がり方を見て『こういう展開が望まれるな』と思ったら途中でストーリーを書き加えたりすることもあるなど、ところどころ調整を入れることもあるという。

参加者とのインタラクションによりストーリーを紡ぎ、ときには反応を見て手を加えていく……といった作りは、テーブルトークRPG(TRPG)に通じるものもある。arohaJ氏自身TRPGをプレイしたことがあるのかと聞かれることも結構あるそうだが、実はpixivファンタジアを始めるまで、TRPGの存在は知っていたものの未経験だったとのこと。

1 2 3次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき