ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東名と新東名が3割引になるETC乗り放題プラン

東名と新東名が3割引になるETC乗り放題プラン

東名と新東名が3割引になるETC乗り放題プランがあります。それが「速旅 静岡ドライブプラン」です。静岡県内の高速道路がETC車限定で、何度でも乗り降り可能な乗り放題になります。ETC車であればレンタカーでも利用できるのも魅力です。ETC乗り放題プランについて詳しく見ていきましょう。

東名と新東名が定額乗り放題になる

NEXCO中日本が行う「速旅 静岡ドライブプラン」は、静岡県内の高速道路がETC車限定で、定額乗り放題になるお得なプラン。事前申し込みをすることで、連続2日間利用でき、料金は普通車が6,400円、軽自動車が5,200円です。

これは周遊エリアのみを利用する「発着エリアなし」のプラン。周遊エリアは東名高速道路が御殿場IC~豊川IC、新東名が御殿場JCT~新城IC、新清水JCT~清水JCT、浜松いなさJCT~三ヶ日JCTです。

また、首都圏や名古屋など発着エリアごとのプランもあります。「首都圏発着エリア①」(東京IC・八王子ICなど)なら普通車が9,100円、軽自動車が7,300円、「首都圏発着エリア②」(横浜町田IC・藤沢ICなど)なら普通車が8,300円、軽自動車が6,700円。「名古屋発着エリア」も同額です。

東名も新東名も何度でも乗り降り可

このほか、「尾張発着エリア」は普通車が9,000円、軽自動車が7,200円、「みえ発着エリア」は普通車が10,800円、軽自動車が8,800円となっています。ETC車であればレンタカーでも利用可能です。

例えば「首都圏発着エリア①」を使って、普通車で東京ICから静岡県内にある白糸ノ滝→玉露の里→舘山寺温泉→ふじのくに茶の都ミュージアムを巡り、再び東京ICに戻ったとしましょう。通常なら12,930円かかるところが9,100円と、およそ3割引きになるのです。

周遊エリアを利用期間内であれば、東名も新東名も何度でも乗り降り可能。利用期間は2019年7月31日までで、NEXCO中日本のWebサイトから事前登録して利用します。

関連記事リンク(外部サイト)

高速料金が割引になる年会費無料のサービスとは
プリウスの隠しコマンドで整備モードに切り替え
プリウスの隠しコマンドで表示される裏メニュー
高速料金の支払いは後日でも大丈夫だった!?
タイヤの側面を見れば製造年月日などが一目瞭然

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。