ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

裏テレビツール「FamiBox」に新モデルが登場

裏テレビツール「FamiBox」に新モデルが登場

ここ数年、裏テレビツールとして知られるようになった、通称「Android TV Box」。AndroidOSを内蔵した、セットトップボックスタイプのメディアプレーヤーの一種で、モノによっては、日本コンテンツをネット経由で自由に見まくれる凶悪アプリを備えた製品が秘かに流通しているのです。

新FamiBoxは高級感がアップした

裏テレビツールの代表格とされるのが「UBOX」シリーズですが、2017年末に日本語対応の「FamiBox」の存在を確認。世界中のテレビ番組をリアルタイムやVODで見られると注目されました。

それから1年、OSが5.1.1から6.0.1にバージョンアップし、ボディカラーをネイビーからブラックに変更したFamiBoxのリニューアル版が登場したのです。

新FamiBoxはAndroidのバージョンがアップするとともに、箱とボディカラーが黒になり、高級感がアップしました。メインアプリであるリアルタイムテレビ視聴用の「Family TV」、ビデオオンデマンドの「Family VOD」は…現役のようです。実勢価格は17,800円となっています。

新FamiBoxにアプリインストール

新FamiBoxは中国の専用サーバにアクセスすることで、リアルタイムのテレビ番組やVODが自由に見られるようになります。そのための特殊アプリは用意されているものの、出荷状態ではFamiBoxに実装されていません。

このため、新FamiBoxではオリジナルアプリストア「Fami Store」から、それぞれインストールする仕組み。なお「Fami Store」でメインアプリの「Family TV」と「Family VOD」をインストールする際、ログインなどは必要ありません。

「Family TV」では、アジアのテレビ番組が再送信されています。日本の放送も例外ではないようです。「Family VOD」は海賊版動画配信サービス。ドラマは地域で日本作品が選べるといわれています。

関連記事リンク(外部サイト)

テレビの裏ワザ満載「カラバコ」を知っている?
Amazon Fire TVの機能を強制的に拡張する方法
ニコニコ動画をアカウントなしで視聴する方法
KODIをAmazon Fire TVにインストールする方法
YouTubeの検索テクニックを駆使して動画を探す

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき