ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • あのシーンはアドリブから生まれた!『ファンタビ』の素敵カップル ダン・フォグラー&アリソン・スドル インタビュー
  • 『ブレードランナー 2049』ハリソン・フォードインタビュー「仕事は好きなんだ。役に立ちたい。チャレンジが好き」
  • 『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』で大大活躍中! チューバッカさん直撃インタビュー:動画  
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 野沢雅子×堀川りょう「ベジータがいるから悟空の存在がある」「ブルマとの馴れ初めの話が欲しい!」 映画『ドラゴンボール超 ブロリー』インタビュー
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 「男って勝手で本当に申し訳ないです(笑)」伊藤健太郎が複雑な男心を語る!映画『覚悟はいいかそこの女子。』インタビュー
  • 福士蒼汰&吉沢亮 2人の成長した部分とは?映画『BLEACH』撮り下ろしインタビュー
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

抜け毛が多いのはどうして?原因や予防策はあるの?

抜け毛が多いのはどうして?原因や予防策はあるの?

抜け毛が増えてしまう理由はさまざま。習慣の改善や意識で予防・対策ができます。

抜け毛が多いことに悩む方必見!抜け毛の原因と対策をご紹介します。近年では若い世代でも悩むことが増えている抜け毛の情報をまとめました。意外と知らない抜け毛と薄毛の違い、注意が必要な抜け毛の症状についても解説します。

抜け毛と薄毛の違いとは

混同されがちな抜け毛と薄毛ですが、明確には別の状態を指す言葉です。まずは、脱毛とも呼ばれる抜け毛と、薄毛の違いを解説します。
抜け毛(脱毛)
毛髪が抜け落ちることを表しており、誰にでも起こる現象です。
薄毛
毛髪の本数が減少し、また短く細い状態となり、地肌が露出している状態。抜け毛が悪化することで薄毛を招きます。

抜け毛と薄毛の一番の差は、抜け毛は頭皮や毛髪の状態が正常な人にも当てはまり、薄毛はすべての人に該当するわけではないということ。抜け毛は薄毛の症状の一つでもあるため、マイナスイメージが定着していますが、本来自然に起こることなのです。

注意が必要な抜け毛の症状

自然に起こることとはいえ、抜け毛が多いと不安になるものですよね。自分の抜け毛が正常なものかどうかを判断する2つのチェック方法をご紹介します。
抜け毛が起こるタイミングをチェック

最初に、気になる抜け毛が発生している下記の3つのシーンを思い返しましょう。
・シャンプー時の抜け毛
・ドライヤー中の抜け毛
・就寝中の抜け毛

上で示した行動時の抜け毛が増えた状態が続いている、という場合は注意が必要です。
抜けた毛髪をチェック

抜け落ちた毛髪自体を確認し、頭皮の状態が危険かどうかを判断することもできます。下のような特徴が見られる場合は、何らかの異常がある可能性が高いでしょう。
・細く短い
・毛根に白い膜がある
・毛根が黒ずんでいる

毎日抜ける毛髪の数は時期により変わりますが、多量の脱毛が続けば薄毛を招きかねません。2つの方法で危険な抜け毛かを確認し、早期から対策をとることが好ましいでしょう。

抜け毛が増えてしまう原因

抜け毛が増加してしまう理由はさまざまですが、特に女性にありがちな原因をまとめました。
ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの中にはエストロゲンという、毛髪の成長にかかわるホルモンが含まれています。ホルモンバランスは、ストレスや睡眠不足によって崩れることで知られています。ホルモンバランスが乱れることでエストロゲンが減少し、結果抜け毛を引き起こします。また、男性ホルモンが増えると脱毛症を招く原因にもなります。
乱れた食生活

食事で摂取した栄養分は体のエネルギーになりますよね。毛髪も体の一部として栄養素を必要とします。栄養が偏ったり不足したりすることで健常な毛髪の持続に影響を及ぼしてしまいます。また、脂肪分の多い食事が続くと、頭皮の皮脂分泌が過剰になり、毛穴づまりの原因となります。
睡眠不足

髪の毛の修復と成長は就寝中に行われるため、睡眠が不足すると脱毛しやすい状態を作り出してしまいます。ダメージの蓄積による切れ毛も増えることとなり、また新たな髪の毛の成長が滞ることで抜け毛を防ぐ手段を失ってしまうのです。
頭皮環境の悪化

刺激の強いシャンプーを使ったり洗髪をしすぎたりすると、皮脂が極端に減り炎症を起こしてしまいます。皮脂は本来必要なものなのですが、反対に皮脂が過剰でも頭皮トラブルを招きます。炎症などのトラブルによって、毛髪の成長が滞り、髪質自体も弱体化することに。頭皮環境は毛穴と髪の毛にダイレクトに影響を与えます。
頭皮への物理的な刺激

シャンプーやヘアケア用品の使用方法が間違っていたり、使用している商品の成分が強かったりすると、頭皮へ刺激を与えてしまいます。また、長時間髪を結ぶなどの行為、ヘアカラーやパーマもダメージとなります。刺激そのものによる抜け毛の他、蓄積されたダメージに対して修復が間に合わないことによる脱毛が起こる可能性も考えられます。

気になる抜け毛の対策4選


抜け毛の本数は、毎日の生活を見直すことで改善が見込めます。気になる抜け毛の対策法を3つご紹介します。
睡眠時間の確保と意識

睡眠不足を招かないために、毎日6時間以上は眠りにつきましょう。単に睡眠時間を見直すだけでなく、眠るにつく時間を意識することがさらなる抜け毛対策につながります。22時から2時の間は、毛髪のダメージ修復が活発に行われるため、できるだけこの時間内に睡眠をとることを心がけましょう。
バランスのとれた食事をとる

偏食は毛髪に非常に悪影響ですから、ビタミン、タンパク質、脂質、糖質などの栄養素が偏らない食事を意識することが重要です。外食が多いという方は、大豆製品や亜鉛の多く含まれる魚介類や肉類のメニューを意識して選びましょう。ダイエット目的での食事制限は栄養素の不足やストレスの蓄積を招くため、避けるようにしてください。
ヘアケア用品と使用方法の見直し

洗浄成分が強力なシャンプーは頭皮トラブルの原因になり得るため、ダメージレスなシャンプーに買い換えるのがおすすめです。また、洗髪は一日に何度も行わず、洗髪後は丁寧にすすぎましょう。トリートメントや整髪料のつけすぎや洗い残しも意識して避けてください。
ヘアセットを定期的に変える

日常的に髪を結いている方は、可能であれば髪を下ろす日や時間を増やしましょう。結ぶ場合もきつく結ばず、毛髪と頭皮への刺激を和らげてください。長期的に同じ分け目を続けていてもダメージが蓄積してしまうため、ショートヘアの方も注意が必要。ヘアスタイルは定期的に変えて、一部分への負担を避けることで抜け毛を対策・予防しましょう。

(まとめ)女性の薄毛とはどのような症状を指す?知っておくべき基礎知識とは?

1. 抜け毛が多いのはどうして?原因や予防策はあるの?

抜け毛が増えてしまう理由はさまざま。習慣の改善や意識で予防・対策ができます。
2. 抜け毛と薄毛の違いって何?

抜け毛はすべての人に起こるものですが、薄毛は全すべての人には該当しません。薄毛は脱毛の悪化によっても発生します。
3. 注意が必要な抜け毛の症状にはどんなものがある?

抜け毛が発生するタイミングと抜け毛の観察で注意が必要な脱毛かどうかを見分けられます。
4. 抜け毛が増えてしまう原因は複数存在します。

抜け毛が増えてしまう原因は、頭皮や毛髪へのダメージやホルモンバランスの乱れなど複数あります。
5. 気になる抜け毛の対策を早期に講じましょう。

増えてしまった抜け毛は、生活習慣の改善など自分でも十分に対策することができます。抜け毛が気になる方は実践がおすすめです。

関連記事リンク(外部サイト)

育毛とはどのような活動?発毛とは何が違うの?
髪に良いシャンプーはどのように選べば良い?特徴などはあるの?
よくある頭皮トラブル、原因や対策方法はあるの?

髪のせんせいWOMEN(ボーテQA)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。