ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 『ゴースト・イン・ザ・シェル』のバトーさんを直撃! 原作愛がハンパなくて『イノセンス』制作を懇願するレベル
  • B2takes!小澤廉×祭nine.寺坂頼我 グループ活動する2人が心がけていることは?映画『BD~明智探偵事務所~』撮り下ろしインタビュー
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • CMのオファーが欲しい!本郷奏多の中のエンヴィー<嫉妬>炸裂!? 映画『鋼の錬金術師』撮り下ろしインタビュー
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 『ファンタビ』大切にしたのはティナがあの場面で「嫉妬心を出さないこと」キャサリン・ウォーターストン インタビュー
  • 窪塚洋介が明かす未体験への挑戦と驚き 映画『沈黙-サイレンス-』でハリウッドデビューを飾る
  • 『ジュマンジ』でタフな美女戦士を熱演! カレン・ギランの好きなゲームは「メガドライブ『ソニック・ザ・ヘッジホッグ3』」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 撮影現場は天国だった!?映画『恋のしずく』小野塚勇人インタビュー 大杉漣との思い出や“ライダーあるある”も
  • キアヌ・リーヴスに“仕事の流儀”を聞いてきた! 『ジョン・ウィック:チャプター2』が本日公開
  • 『アントマン&ワスプ』エヴァンジェリン・リリーインタビュー「7歳の息子がワスプになりきっているのをこっそり見てしまったの!」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アクアマン』ジェームズ・ワン監督のオタク力×モモアマンの魅力=破壊力ッ!DCヒーロー映画の新展開を告げる快作ぶり

アメリカン・コミックの実写映画化が全盛期を迎えつつあるいま、『アベンジャーズ』に代表されるマーベル・ユニバースと並んで大規模に展開しているのが、DCコミックのヒーローたちを描くDCエクステンデッド・ユニバース(DCEU)の作品群。スーパーマンを主人公とした『マン・オブ・スティール』に始まり、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』、『スーサイド・スクワッド』、『ワンダーウーマン』など、様々なヒーローたちの単独主演作を経て、超人たちの同盟を描いた『ジャスティス・リーグ』が次々と公開され、いずれも興行的な成功を収めている。そんな中で、ジェームズ・ワン監督の『アクアマン』(2月8日公開)も封切から2ヶ月弱にして、すでに1,200億円に迫る世界興収(10億9,649万832ドル/1,193億8,263万2,315円/1ドル108.8円換算/2月1日Box Office Mojo調べ)を記録している。

クリストファー・ノーラン監督の『ダークナイト』を超える興収をあげ、ワーナーブラザーズで最もヒットしたアメコミ映画となった同作は、アクアマンの知名度が極めて低い中国などでも人気を得ているのが大きな特徴だ。ヒットメイカーではあるものの、『ソウ』シリーズや『死霊館』などのホラーイメージが強いワン監督と、映画ではヒット作に恵まれていなかった主演のジェイソン・モモアという組み合わせで製作されたアクション映画に、ここまでの成果を期待した人はそう多くはないだろう。しかし、実のところ、このタッグが『アクアマン』という題材に出会ったからこそ、多くの支持を得ることができたのではないだろうか。

ついに解放された、ジェームズ・ワン監督のオタク力

DCEUは、ザック・スナイダー製作総指揮下のもと、シリアスかつ重厚な世界観を展開してきたが、パティ・ジェンキンス監督の『ワンダーウーマン』以降、徐々にクリエイターの個性が発揮された作品を生み出し始めている。特に、『アクアマン』はワン監督の映画オタクとしての個性が爆発している。ワン監督は、ワーナーからDCEUに招かれ、最初にフラッシュとアクアマンのどちらを担当したいか聞かれたという。ワン監督はアクアマンを選んだ理由を「自由に作ることが出来るヒーローだから」「自分の大好きなジャンル映画をやりたいから」と答えたという。なんともオタクらしいこの言葉を反映するように、『アクアマン』にはアドベンチャーやSF、カーアクション、果ては荒唐無稽な香港アクションまで、ありとあらゆるジャンル映画の要素が詰め込まれているのである。

インディ・ジョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》 (吹替版)(YouTube)
https://youtu.be/v1eCdpDiDEU

ワン監督が尊敬する監督として度々挙げているのは、スティーヴン・スピルバーグ、ジェームズ・キャメロン、ジョージ・ルーカス、レイ・ハリーハウゼン、ジョン・カーペンター、香港のジョン・ウーとツイ・ハーク、ピーター・ウィアー、ピーター・ジャクソン、ジョージ・ミラーら。『アクアマン』では、スピルバーグの『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』のように砂漠の遺跡に秘宝を求めたり、ゼメキスの『ロマンシング・ストーン 秘宝の谷』のように密林を旅したり、キャメロンの『アビス』のようなハイテク戦艦が登場したり、ハリーハウゼンや東宝の特撮映画のような巨大怪獣対決も繰り広げられる。ありとあらゆる魚類が総力戦を繰り広げる最終決戦は、ルーカスの『スター・ウォーズ』を思わせるではないか。

『アクアマン』特別映像(YouTube)
https://youtu.be/dHoX-6n_avA

オマージュ自体は珍しいものではないが、本作では一つひとつの濃度が段違い。オマージュの暴力とも言える、圧倒的な情報量がスクリーンを埋め尽くしている。とはいえ、ワン監督の好きなものをまとめたわけではなく、あらゆるシーンがきっちりと物語に組み込まれているのが巧い。アクアマンと相棒のメラが陸、海、空とさまざまな場所を巡るのは、あくまで宿敵を倒す力を得るための試練の旅路であるし、目まぐるしく変わるシチュエーションは、「海中のみの退屈な絵面では終わらせない」という、エンタメ精神の現れだろう。無論、元ネタを知らない方が観れば、「なんかすごい色んなジャンルが詰まった映画」として認識されるわけなので、強烈な映像を体験することになる。

『ゴーストハンターズ』(Big Trouble in Little China)クリップ映像(YouTube)
https://youtu.be/A65Jq6NKdeI

また、キャラクターやアクションなどの細かな部分も、様々な作品からインスパイアされている。ワン監督によれば、アクアマンのモチーフは、『ゴーストハンターズ』でカート・ラッセルが演じたトラック運転手ジャック・バートン。小島秀夫監督が『メタルギア』のスネークのモデルにしたことでも有名な……カート・ラッセル好きに悪いやつがいないことで知られる、あのカート・ラッセルである。振り返れば、ワン監督は『ワイルド・スピード SKY MISSON』ではラッセル自身を起用していたが、その変わらぬ熱意に、オタクからの信頼は増すばかりだ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。