ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

青春ゾンビミュージカル『アナと世界の終わり』日本公開 “鬱屈”女子高生が歌って踊ってゾンビとバトル![ホラー通信]

ゾンビ青春ミュージカルクリスマスが融合した異色のイギリス映画『ANNA AND THE APOCALYPSE』が邦題『アナと世界の終わり』として日本公開決定。アナ雪の続編じゃないですよ。ゾンビ映画ですよ。

主人公はイギリスの田舎町で暮らす高校生のアナ。パッとしない毎日、鬱屈とした生活を送っていたアナがクリスマスの朝に遭遇したのはなんとゾンビ化したスノーマン! 間一髪ゾンビを倒したものの、「この町でこのまま人生を終えるなんてありえない!」と開眼したアナ。ゾンビが蔓延る田舎町から、そして死んだように生きる人生から脱出するための戦いが、今始まります……!

アツい。あらすじがとてもアツいです。

アナを演じるのは98年生まれのエラ・ハントちゃん。返り血をあびた凛々しい表情に、戦うスーパーヒロインの資質を感じます。そしてかわいい。

海外の批評家からは、「『ショーン・オブ・ザ・デッド』と『ラ・ラ・ランド』の出会い!」と評されているそうですが、設定からは『レディ・バード』っぽさも感じますね。奇しくも本情報解禁と同日に『ショーン・オブ・ザ・デッド』日本初の劇場公開が発表されたばかり。英国ゾンビ映画がアツい年になるでしょうかね?

記事:ゾンビコメディの傑作『ショーン・オブ・ザ・デッド』 15年越しの日本劇場初公開決定

作品概要

『アナと世界の終わり』
5月31日(金)より、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー

監督:ジョン・マクフェール
脚本:アラン・マクドナルド、ライアン・マクヘンリー
音楽:ロディ・ハート、トミー・ライリー
出演:エラ・ハント、マルコム・カミングス、サラ・スワイヤー、クリストファー・レボー、ベン・ウィギン
ス他
2017年/イギリス/カラー/デジタル/英語/98分/シネマスコープ/原題:Anna and the Apocalypse/PG12

配給:ポニーキャニオン
宣伝:スキップ
Twitter:@anaowari_movie #アナせか

(C) 2017 ANNA AND THE APOCALYPSE LTD.

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき