ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネットで話題沸騰の“じゃがアリゴ”を『焼そばU.F.O.』に入れると激ウマ! 食べ応え抜群&満足度最強でカロリーも大爆発!!

“じゃがアリゴ”の材料となる『じゃがりこ』と『さけるチーズ』、そして日清のカップ焼きそば『日清焼きそばU.F.O.』(以下『U.F.O.』)です。

焼きそばにチーズを入れるのは間違いない組み合わせですし、ポテトも焼きそばのガッツリ感を増すのに最適。『U.F.O.』に“じゃがアリゴ”を入れたら、ウマくなるのは約束されたようなものです!

まずは“じゃがアリゴ”を作ってみる

というわけで早速“じゃがアリゴ”から作ってみます。さけるチーズを1本入れ、熱湯を150ccほど注ぎ、フタをして数分待って蒸らします。リュウジさんの紹介したレシピでは塩も入れていましたが、さすがに今回は『U.F.O.』に入れる用なので、味が濃くなりすぎることを懸念してやめておきました。

全体がふやけたらチーズを溶かすようにしっかりかき混ぜていると、かな~りいい感じに。

ビヨヨヨヨ~ンと伸びてきました! こりゃあ楽しいぞ! “じゃがアリゴ”の練成、大成功です!

『U.F.O.』に“じゃがアリゴ”を投入!

あとは通常通り『U.F.O.』を作り、そこに“じゃがアリゴ”を投入するだけ。

いきますか。いかれますか。

うわっ……うわわわわわっ……!!

……あれっ?

なんだか見た目も意外といい感じになったのではないでしょうか……!? これはウマそうだぞ……!!

さすが、アリゴは付け合わせでよく使われているというだけあって、主役をいい感じに引き立ててくれています。

ボリューム&食べ応え激増し! 麺に絡んだチーズ風味も絶品激ウマ!!

さあいよいよ実食。ちょっとずつ麺に絡めながら食べてみると……やっぱりウマい!!

マッシュポテトが麺にこれでもかとばかりに絡んでくるため、食べ応えは抜群。しかもチーズの風味も効いているので箸が進む進む。ガッツリいきたい系男子に最適なパワーフードへと進化を果たしました。

「さすがに『じゃがりこ』1個分を入れると多すぎる!」という人は量を調整しながら混ぜればいいですし、チーズ味が強い方が好きだという人はお湯を少し多めにし、『さけるチーズ』を2本入れてチーズソース寄りに仕立ててもいいかもしれません。

ちなみに“じゃがアリゴU.F.O.”の推定カロリーですが、『U.F.O.』が556kcal、『じゃがりこ(チーズ味)』が290kcal、『さけるチーズ』が80kcalなので合計すると926kcal! 炭水化物も軽く100gを超えてくるので、相当なレベルのデブ飯だといえます。激ウマですが、覚悟を決めてから試してみてくださいね。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: ノジーマ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

前のページ 1 2
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。