ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

2019年は「世界一」を見にいこう! 海外の気になるNo1スポットをまとめてみた。

2019年は「世界一」を見にいこう! 海外の気になるNo1スポットをまとめてみた。

私たちの周りには「世界一」なものが数多く存在します。死ぬまでに、いや、2019年こそは1つくらい体験してみよう!そう思える「世界一」なものを8つ選んでみました。

2019年は「世界一」を見にいこう! 海外の気になるNo1スポットをまとめてみた。

Singo Tessi

‪旅する無人島開拓者。コンテンツクリエイター。旅人の共創コミュニティ「TREC」代表。冒険的な旅を愛しており、各地の無人島を開拓して回る様子を発信し多くの人々にロマンと刺激を与えている。ワイルドに見えて中身はマイルド、ゆるいマイペース男子。‬

 

世界一の大きな砂漠「サハラ砂漠」でキャンプ!

「サハラ砂漠」はアフリカ大陸の約三分の一を占める世界最大の砂漠です。

灼熱の砂漠でキャンプなんて危険すぎる!いえいえ、いまどきの砂漠の楽しみ方は一味違います。サバイバルというよりはラグジュアリー。世界最大の砂漠で優雅な宿泊体験ができます。

砂漠ツアーに参加すれば、しっかりとしたテントにベッドはもちろん、時には伝統料理のディナーや民族楽器の演奏まで用意するキャンプもあります。想像以上の快適ですね。

 

砂漠での快適な移動手段といえばラクダです。ラクダに乗るという体験も、砂漠ならではの特別なイベントです。「見渡す限り砂の世界をラクダで旅してみる」という夢をバケットリストに入れているなら、サハラ砂漠キャンプと同時に叶えてみてはいかがでしょうか?

 

世界一の高さ「マカオタワー」でバンジージャンプ!

「マカオタワー」は中国・マカオのランドマークです。マカオで一番高い建物で高さは338メートルあります。展望台のみならず、バンジージャンプのアクティビティまで体験できるというユニークな電波塔です。

ギネス記録にも認定されているそのジャンプの高さはなんと233メートル!そして落下時の最高時速は約200キロと言われています!日本一のバンジージャンプは100メートルなので、その倍以上となると想像以上のスリルと爽快感が味わえそうですね。

 

基本料金は3,488パタカ(約47,700円)と高めですが、それほどの価値がある世界一のジャンプ体験なのでしょう。

ちなみに3回飛ぶと、4回目が無料になるそうです。2019年最初のチャレンジは日本から近い中国で、世界最高のジャンプに挑戦するのもアリかもしれません。

 

世界一の高い場所にある「スカイバー・シロッコ」で映画の世界を体感!

タイのバンコクにある「シロッコ(SIROCCO)」は、世界で一番高い場所にある屋外レストランで、五つ星高級ホテル「ルブア」の屋上に設けられています。

「スカイバー」はそのシロッコに併設されているルーフトップバーです。

 

空中に飛び出るような設計になっており、スリルとともにバンコクの絶景を堪能することができます。夜のライトアップや夜景もオススメです。ドレスコードもあるので、いつもよりスマートでおしゃれな格好をして優雅な気分でバーを楽しみましょう。

映画『ハングオーバー2』のロケ地になり、バンコクの観光スポットとしても有名です。この映画はバンコクの名所が登場するのでタイ好きにオススメの一本ですよ!タイの予習や復習にちょうどいいですね。

 

世界一の奇祭「バーニングマン」に参戦!

「バーニングマン」という言葉を聞いたことがありますか?ここ数年で話題になることが多くなってきました。その正体は、アメリカ北西部の砂漠を舞台に開催される少し変わったイベントです。

バーニングマンという文字通り、巨大な人形を燃やすことがこのイベントのハイライトになります。

それを中心に世界中から集まった人々が街のような規模のコミュニティを形成し、原始的でアートな共同生活をするというのが特徴です。水や電気、ガスもネットもありません。そして、貨幣が存在しないというのも特筆すべきルールの1つです。

 

まるで無人島サバイバルのような原始的な想像をしてしまったでしょうか?実はこの奇祭のリアルはその真逆で、とてもアート性のある雰囲気を持っています。それはまるで『スターウォーズ』のような世界観。参加者たちは近未来的なオブジェや奇抜な服装の中で1週間を過ごします。

“NO SPECTATORS!(傍観者であるな)”という合言葉のもと参加者自身が自立し、圧倒的なGIVE精神で他人と繋がるこのお祭り。バーニングマンに参加すれば、便利さに囲まれた現代で消えかかっている心のあり方を見つけられるかもしれませんね。

 

世界一低い場所にあって、世界一の塩分濃度高い湖「死海」の水面で読書する!

塩分濃度が約30%で、濃度が高すぎて水に体が浮いてしまうことで有名な「死海」はイスラエルとヨルダンの国境にあります。ちなみに海水は約3%なのでおよそ10倍の塩分濃度です。じつは地球上で一番低い場所、海抜マイナス418メートル地点にあるのが死海なんです。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき